【14日決戦!】8・30を再び!9・14(月)18時半国会正門前集合!「100万人が参加して怒りをぶつけます」

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 政治経済 ,

COX3szZUcAA_7vl

【何でも強行】9月15日(火)に中央公聴会を行う事が決定!2回目の参考人質疑や地方公聴会を行わないまま

今日国会で9月15日に中央公聴会が開催されることが決定しました。公聴会を経て、おそらく9月17日頃に参議院で戦争法案が採決されると思われます。さきほど山本太郎議員がおっしゃっていましたが、もうこれで国会内で法案成立を止める術はなくなったということです。

ただ、強行採決されることはある意味仕方のないことでもあります。なんせ数がありますからね与党には。

そして与党議員が生き残るためにはさっさと戦争法案を片付けて、与党のイメージアップをすることが何よりも重要なことです。早くイメージアップをしないと、来夏の参議院選挙に間に合わなくなってしまいますからね。

それで、これは福島みずほ議員がさきほど言っていたんですが、悪法はボロボロにして通さないのが一番だけど、次善の策として仕方なく通すにしても徹底的にボロボロにすることが重要ということです。そうすることによって、使えなくなったりすることもあるそうです。そして、それは国会内でやっていくと。

ということで、僕たちもできることを国会外でしなければなりません。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

COW6R1IUsAEBsLU


スポンサーリンク


【自民党、拷問やるってよ】自民改憲案で現行憲法の「絶対に拷問しない」から「絶対に」をひそかに抜いてたことが判明

「自民党が独裁だー」とか言っても現実感のない人がほとんどでしょう。そりゃ「今の時代にこの日本で独裁なんてアホちゃうの」と思うのが、普通の感覚です。

でーもー、上の記事を読んでもらえればわかりますが、彼らはやる気です。徹底的に上から抑え込み、批判の声が上がらないようにする仕組み(中国とか北朝鮮みたいな感じ)を日本でも作る気です。

何故そんな仕組みが必要かって?

それは、国力が徐々に落ち国民の不満が強くなって行く中で権力を維持していこうと思えば、独裁という形を取り入れていかないとすぐに反発の声が上がり、またすぐに政権をひっくり返される恐れがあるからです。

怖いですね~自民党や公明党やその他の野党の一部の人たち。

ですから、完全な独裁体制にならないうちに(もうだいぶヤバいです)なんとかしなければなりません。

これはゴールのない戦いですが、とりあえずは14日に国会前に行ける人は死んでも行かなければなりません。

関東は4300万人ほど人が住んでるみたいなので、43人に1人国会に向かえば100万人です。

14日決戦に向けて準備をよろしくお願いします。

労働組合も口だけじゃなく政治ストやるべきです。

【政治スト】戦争法案反対ストライキ!医療(15万人)・出版・印刷などの労働組合が「伝家の宝刀」を抜く準備 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. umauma より:

    >労働組合も口だけじゃなく政治ストやるべきです。
    まさにそう思います。為政者が最も嫌がるのは労働者が仕事をしない事ですから。
    これだけ多くの人が政権にNoを言っている状況ですから、是が非でも大規模ゼネストを実施して欲しいです。勿論私も自分の進退をかけてでも参加します。目先の収入より子供たちの命の方が遥かに重要ですから。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑