”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【日本の検査絞り大丈夫?】大曲貴夫・国際感染症センター内科医長「8割の人は本当に軽い。ただ残り2割の方は確実に入院が必要。全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない」「話せる状況から人工呼吸器、人工心肺なしでは助けられない状況に数時間で変わる」

投稿日:

「8割は軽症、2割は入院...」 都会見、現場医師が明かした「新型コロナの怖さ」

そのうえで、現場の医師として実感する新型コロナウイルスの恐怖を次のように語っている。

「この病気の怖さというのは、WHO(世界保健機関)が出している数字にもありますが、8割の人は本当に軽いんです。歩けて、動けて、仕事にもおそらく行けてしまう。ただ残り2割の方は確実に入院が必要で、全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない。

僕が現場で患者さんを診ていてよく分かるのは、悪くなる時のスピードはものすごく早い。1日以内、数時間で、それまで話せていたのにどんどん酸素が足りなくなって、酸素をあげても駄目になって、人工呼吸器をつけないと助けられない状況になる。それでも間に合わなくて、人工心肺をつけないと間に合わない、ということが目の前で一気に起きる。ものすごく怖いです。かかった方は、特に持病がある方にはそういうことが起こる」

そして、「だからやはり、かかっちゃいけないと思う。僕はすごく強く感じます。それが僕の正直なところです」と率直な思いを伝えている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

【検査不可能】「医療機関たらい回し」検査対象(濃厚接触か流行地域への渡航歴、37.5度以上、入院が必要な肺炎)が厳しすぎて検査できず⇒上昌弘医師「軽症で検査できない人が連日のように訪れている」

健康Mr.K
日本の検査体制(濃厚接触か流行地域への渡航歴、37.5度以上で4日自宅待機、入院が必要な肺炎)では重要化した場合に間に合いませんし、8割の軽い人たちは野放しの状態です。検査されずに普通の「肺炎」として入院されている方もたくさんいることでしょう。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-医療・病気関連ニュース, 政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.