【罪状ペーパーも】「アリさんマークの引越社」労組の抗議への社員の対応がヤクザすぎると話題に!引越社からは反論も

wwsqq

スポンサーリンク

http://gogotsu.com/archives/11872
大手引越会社のアリさんマークの引越社(株式会社引越社関東)が社員に対して残業代を未払いだったり、追い出し部屋に追いやり最終的には「罪状」と書いた解雇通知をグループ全店に貼り出すなどして問題となっている。

10月1日にアリさんマークの引越社に対する抗議が派遣ユニオンにより行われた。その際の対応が酷すぎると話題になっている。会社前では怒号が飛び交い、カメラマンが誤って足を踏むと「ワレェ!何を足踏んどんねん!謝ったらしてもええんか?」と更にまくし立てるような言葉を浴びせてきた。

今回の引越社に対する抗議は社員が会社に復帰するもシュレッダー業務を強いられており、名誉毀損の掲示物はむしろ増えているということに対して。中には「北朝鮮人帰れ」というヘイトまで書かれているという。

引越社、社員提訴に反論 処分男性は勤務態度に問題

正午頃、男性が加入する労働組合「プレカリアートユニオン」の街宣車が都内の同社前に陣取り、大音量で主張を繰り返すやり方に「労働基準監督署で残業代は払っていると認められていながら『残業代が未払い』と叫び続けている。これは脅迫と一緒」と抗議した。

 男性が陳述書などで主張する点とも食い違いがあった。男性は労働組合への加入が営業職からシュレッダー係への不当異動につながったと主張するが、会社側は「お客さんがいる営業職なのに8カ月で7回も遅刻。交通事故を起こし、人身事故だったがおわびにも行かなかった」と反論。それらが理由で「彼が勤務可能な7支店長全員が受け入れを拒否したため本部に戻さざるを得なかった」と述べた。

 提訴が原因で懲戒解雇処分が下ったと主張する男性に対し、会社側は「理由は機密事項の漏えい。社員の住所や電話番号、彼が担当していた取引先の情報もあった。そこにプレカリアートユニオンからのビラがまかれている」と反論した。

アリさんマークの引越社「追い出し部屋」事件 社前抗議行動 2015年10月1日 懲戒解雇撤回されるも「罪状ペーパー」が増えていた!

wws

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

一度解雇された社員の方がどういった勤務態度だったのかはわかりませんが、「罪状ペーパー」と動画に映し出されているヤクザまがいの対応だけで、充分にどんな企業かがわかりますね。しかし、こんな企業があるんですね~信じられません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑