”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【ネットでは常識】「福島の小児甲状腺がんの発症率は日本の平均の20~50倍」という話。

投稿日:

ddde
IMG_1186s

スポンサーリンク

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/269511

「福島では日本全国と較べて、高いところで約50倍の甲状腺がんの多発が起こっていることが推定された。低いところでも20倍」

 2011年3月に起きた東京電力福島第一原発事故のあと、福島に多発している小児甲状腺がんは、そのかなりが「被曝」によるもの、と示唆する学術論文が発表された。

 論文は岡山大学の津田敏秀教授(環境疫学)らの研究チームがまとめたもので、2015年10月7日に、国際環境疫学会が発行する医学雑誌『Epidemiology』のオンライン版に掲載された。18歳以下の県民約37万人を対象に、2011年から2014年末まで行われた、福島県による甲状腺の超音波検査の結果を分析しており、中通りと呼ばれる県内の中部地域(二本松市、本宮市、三春町、大玉村)では、甲状腺がんの年間発症率が日本の平均比で約50倍!と、もっとも高く現れたことや、県内の他の場所でも、発症未検出の一部地域を除けば、同20~40倍と高い値をつけたことなどが明らかにされた。

2015/10/08 日本外国特派員協会主催 津田敏秀・岡山大学教授 記者会見「福島第一原発事故後の小児甲状腺がんについて」


スポンサーリンク

以下ネットの反応。

この話はネット上では散々話題になったのですが、どうやらマスメディア(テレビ・新聞)では黙殺されているようです。もちろんこの話が真実かどうかはわかりませんが、データの分析法なども含めて議論しなければならない問題であることは間違いありません。子供の事ですから「予防措置原則」で対応しなければならないはずです。

ネットではIWJなどが報じてくれてますが、マスメディアでは「東京新聞」と「日刊ゲンダイ」ぐらいだとか・・そして政府は完全に無視を決め込んでいます。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.