”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【冷酷?バカ?】日本が38%で断トツのトップ!「自力で生活できない人を、国や政府が助ける必要はない」と答えた人の割合

投稿日:2015/10/23/ 06:43 更新日:

ddes

スポンサーリンク

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20111114/223822/?rt=nocnt

1つは、日本では「自力で生活できない人を政府が助けてあげる必要はない」と考える人が世界中で最も多くなっている点である(出典:「What the World Thinks in 2007」The Pew Global Attitudes Project)。「助けてあげる必要はない」と答えた人の割合は日本が38%で、世界中で断トツである。第2位はアメリカで28%。アメリカは毎年多数の移民が流入する多民族、多文化の国家であり、自由と自己責任の原則を社会運営の基軸に置いている。この比率が高くなるのは自然なことだ。そのアメリカよりも、日本は10%も高いのである。

 日米以外の国におけるこの値は、どこも8%~10%くらいである。イギリスでもフランスでもドイツでも、中国でもインドでもブラジルでも同様で、洋の東西、南北を問わない。経済水準が高かろうが低かろうが、文化や宗教や政治体制がいかようであろうが、大きな差はない。つまり“人”が社会を営む中で、自分の力だけでは生活することすらできない人を見捨てるべきではない、助けてあげなければならないと感じる人が9割くらいいるのが“人間社会の相場”なのである。

にもかかわらず日本では、助けてあげる必要はないと判断する人の割合が約4割にも達している。日本は、“人の心”か“社会の仕組み”かのどちらかが明らかに健全/正常ではないと言わざるを得ない。この場合、政治の制度や仕組みと比べて人の心はずっと普遍的であるはずなので、問題は日本の政治の仕組みや政策にあると考えるのが妥当である。言い換えるなら、人の心をここまで荒んだものにしてしまうほどに、現行の日本の政策や制度は正しくないということになる。


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

国民は納税したり、法律を守ったりする代わりに、いざと言う時には国に救ってもらうことができます。だから自己責任なんてちゃんちゃらおかしいわけで、ピンチの時に救ってくれないなら国は存在する意味がありません。そういった意味で「自己責任論」を国民に植え付けた小泉政権の罪は重いですね。諸外国の方はこんな基本的なことは誰でも知っているので数字が低いのでしょう。

あとは、やはり日本人の心が荒んでいるというのはあるでしょうね。同調圧力が強く生きにくい世の中で、40代までの死因の1位は自殺、ヘイト本などが溢れかえりネトウヨみたいな差別主義者が激増、国力的にも衰退の一途を辿っているわけですから、普通に生きていたら心は荒んでしまうでしょう。

世の中キレイごとだけではやっていけませんが、せめて理想だけは高く持ちたいものです。

あ、あと、こうやって国というものの存在価値を異様に高めて「国民はお国のために生きろ」ということを強制するのが自民党の憲法改正草案ですから、国の下はいやだな~と言う人は気をつけてくださいね。最近はテレビでも「ニッポンが!にっぽんが!すごいですぅ~」と異様にナショナリズムをあおっているとか・・

【改憲前夜の今だから・・】死んでも見たい!「6分でわかる自民党が憲法改正した後のスゴイ日本」アニメ動画

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.