【国民激オコ】調査結果「所得低いほど栄養バランス悪い」⇒厚労省「食事の内容を見直すなど健康への関心を高めて」⇒国民「ケンカ売ってるのか?」

jyuhggggggggjyuh

jyuhgg

jyuhgggg

jyuhgggggg

スポンサーリンク

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151213/k10010339431000.html
所得が低い人ほど、コメやパンなど穀類の摂取量が増える一方で、野菜や肉の摂取量が少なく、栄養バランスのよい食事が取れていないことが、厚生労働省の調査で分かりました。

所得の低い人は肉の摂取量も少なく、所得が低い人ほど栄養バランスのよい食事が取れていないことが分かりました。

厚生労働省は「所得が低い人は栄養バランスのよい食事をとる余裕がなくなっているのではないか。食事の内容を見直すなど健康への関心を高めてほしい」と話しています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「俺たちがこんなこと言っても、どうせ庶民なんか何にも抵抗しないだろ」と国民を舐めきっているのか、こんな発言をしたら国民が激怒することがわからないほどおかしいのかはわかりませんが、とにかく庶民感覚ではまったくありませんね。

こんな人たちがルールを決めていたのでは、庶民の生活が改善するはずはありません。そして、それを放置している政府・所管大臣にももちろん責任はあります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. なお より:

    野菜料理は時間がかかる。だから、昼と夜のふたつの仕事を掛け持ちしてやっと暮している家の子どもは、バラエティのある家庭料理を食べずに育ってしまう。
    そこで提案。
    厚労省は、小学校高学年くらいの子供対象に家族の食事を作る教室を放課後地域でやるべし。
    週五日、1年間季節に合わせた小学生でもできるような簡単料理を作り、タッパーに入れて家に持ち帰り、家族と食べる。
    費用は全部厚労省もち。医療費の削減につながるから、長い目で見ればお得でしょう。
    いかがかしら?

    • 健康オタクなMr.K より:

      天才。
      小学校の施設を使えばいいし、こうすれば子供も料理ができるようになるし、言う事なしですね。

  2. 匿名 より:

    こどもが自分で家族の分まで料理をつくるという発想、すばらしいですね。

  3. 芋洗大師 より:

    大大賛成!!
    あー、久しぶりに気持ちのいいコメント応酬を読めた。

  4. なかむらなおみ より:

    ほんと、「なお」様のような提案型のコメント、ぱっと気持ちが明るくなりますね。すばらしい発想、みんなが本気になれば実現も夢じゃないと思いました。まだまだネット初心者でよくわからなかったですが、ブログって本来、夢のある楽しいお話もできる場だったんですね。(先ほどは名前書き忘れてすみません)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑