【現実】アベノミクスGDP伸び率は民主党に完敗!民主党「5.7%」アベノミクス「2.4%」実質賃金、民間消費、民間設備投資も民主の方が上!

【現実】アベノミクスGDP伸び率は民主党に完敗!民主党「5.7%」アベノミクス「2.4%」実質賃金、民間消費、民間設備投資も民主の方が上!

公開日: : 政治経済 , ,

20141118161710

LAn4Ns4

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/171810

内閣府経済社会総合研究所の調べによると、民主党が政権を奪取した2009年7~9月期から、政権を明け渡す12年10~12月期までの実質GDPの伸び率が「5.7%」だったのに対し、安倍政権が誕生(12年10~12月期)してから3年間(15年7~9月期)の実質GDPの伸び率は「2.4%」。つまり、同じ3年間を比べてみると、伸び率は民主党政権時代の方が安倍政権より2倍以上、数値が「良かった」のである。

「これまでもアベノミクスの失敗を指摘してきましたが、野党議員の個人的な意見という目で見られていました。しかし、今回は内閣府の公表数値です。数字はウソをつきません。安倍政権は消費税増税などを理由に言い訳するのでしょうが、民主党政権では東日本大震災がありました。それでも民主党政権の実質GDPの伸び率の方が上回っているのです。繰り返しますが、アベノミクスは失敗したのです」

「『アベノミクス』は結局、新たな成長戦略を描けなかった。やったことは異次元の金融緩和だけです。その結果、一部の大企業は潤ったが、庶民生活は追い詰められ、実質賃金は減り、消費は冷え込んだまま。一体、何だったのか」

 安倍政権は、二言目には「民主党政権はヒドかった」と批判しているが、民主党政権に負けているのに、よく口にできるものだ。

 国民も言葉遊びにだまされていないで目を覚ますべきだ。



以下ネットの反応。

民主党政権の時代のGDPの伸びもリーマンショックで落ち込んだから数字が大きくなっているとも言えますし、わずかの期間でリーマンショックから立ち直らせたとも言えます。ですから、GDPの伸び率だけで判断することはできないと思いますが、実質賃金、民間消費、民間(会社の)設備投資で民主党が勝っている所を見ると、少なくとも庶民にとっては民主党時代のほうが良かったと言えるでしょう。

その他にも、「貯金ゼロ世帯の割合」26%→30・9% ●「生活保護受給世帯数」約156万8000世帯→約162万9000世帯 ●「非正規労働者」1775万人(12年4~6月)→1971万人(15年7~9月)などの数字を見れば決してアベノミクスは庶民にとっては成功とは言えません。

その一方で、大企業は内部留保を溜めこんでいるという現実があります。

2015090401_04_1

こうした数字を見れば、この政権が誰を見て誰のために政策(生活保護冬季加算引き下げ・消費税アップ・法人税減・派遣法改悪・残業代ゼロ法案・子ども手当打ち切り・障害者年金見直し・高額療養費見直しなどなど)を決定しているのかは一目瞭然です。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    この結果を書いたのが、日刊ゲンダイだけとは。
    ( 今のところ )
    テレビはもちろんのこと新聞も、水や電気、公共交通に優先して据え置き税率を適用される価値が本当にあるのか、今後のマスコミの報道を、冷たい目で観察いたしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑