【怖すぎ】1962年(昭和38年)沖縄米軍基地から間違った命令で核爆弾発射寸前だったことが判明!止めたのは現場の判断のみ!「運良かった」と証言

e37654fb

スポンサーリンク

http://www.47news.jp/47topics/postwar70/revelation/post_20150729123951.html
ボードンの証言と未出版の回想録によると、28日未明、発射基地地下にある発射管制室の無線が鳴った。「オー・マイ・ゴッド…」。同僚が叫ぶと、室内は騒然となる。

 嘉手納のミサイル運用センターから発射命令が届いたのだ。技師、副官、発射指揮官の順で3段階にわたり、送られてきた暗号が各自にあらかじめ与えられていた暗号と合うかどうか照合した結果、すべてが一致した。

 「しかし、標的情報を読み上げたら(自分が担当する計4基の)ミサイルのうち1基だけがソ連向け。残り3基は別の国を狙えとあった。なぜ関係ない国を巻き込むのか。何かおかしいということになり、発射指揮官が『命令の真偽を見極めよう』と言い出した」

 ボードンはこう語り、理由は分からないが、発射命令が間違って伝達されていたと明言した。沖縄にある他の三つの発射基地にも誤った命令が同時に出されていた。

 ボードンは「別の国」を明らかにしないが、約2200キロ超の射程から、中国とみられる。

 当時の国防長官ロバート・マクナマラは生前こんな言葉を残している。

 「核戦争を防いだのは運だった。ケネディと(ソ連最高指導者の)フルシチョフ、(キューバ指導者の)カストロは理性的だった。そんな理性的な人々が自分たちの社会を完全破壊する寸前にいた。脅威は今も存在する」


20110813 元米軍兵士4人の証言・・・在日米軍の核 投稿者 egg_rice

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

人為的なミスで核爆弾が発射され、世界が滅亡していたかもしれないという恐ろしすぎる証言です。もしこの人たちが上司の命令に忠実に従う人たちだったらと思うとゾッとします。

そして、こういった事態は現代でも充分に起こりうることだと思います。アメリカでは9.11以降あまりにも機密情報の取り扱いを厳しくし過ぎたために、現場がその情報に触れることができず「機能不全」に陥っているという笑い話のような恐ろしい話があるのです(詳しくは「トップ・シークレット・オブ・アメリカ」)。

核爆弾で抑止力なんて話が成り立つほど人間は理性的でもないし、つまらんミスを犯し続ける存在であるということを理解しなければなりません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑