【赤旗調べ】日本の超富裕層の税逃れの実態!ユニクロ・柳井氏(年7億円)、ドンキ・安田氏、ベネッセ・福武氏

o0480038613641330512

スポンサーリンク

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-09/2016050901_01_1.html
タックスヘイブン(租税回避地)を利用した富裕層の「税逃れ」が世界で問題になっています。日本でも、米誌『フォーブス』の「日本長者番付」上位50人のうち少なくとも4人が税率の低い海外に資産を移していることが本紙の調べで分かりました。

資産額約2兆円と日本トップのユニクロの柳井正ファーストリテイリング会長兼社長は、2011年10月に同氏が保有する同社の株式531万株をオランダの資産管理会社(柳井氏が全株保有)に譲渡しました。同国は要件を満たせば配当金が非課税になります。15年の配当(1株350円)で計算すると、531万株の配当金は年18億円以上。日本で株を保有する場合と比べ所得税と住民税を年約7億円「税逃れ」していることになります。

 資産額1792億円の安田隆夫ドン・キホーテホールディングス最高顧問も、15年12月と16年1月に保有する自社株あわせて約1550万株をオランダの自らの資産管理会社に約650億円で売却(移転)しました。柳井氏と同じ「税逃れ」の仕組みです。

 日本は、租税回避地への資産移転を防ぐため、15年7月1日以降に海外へ移住する人物が保有する株に課税する制度を導入しました。安田氏は、同制度開始直前の6月26日に自らの住所を東京都港区からシンガポールに移転。巨額の課税を逃れたとみられます。その後オランダに株を移したのです。

 資産額1383億円の福武総一郎ベネッセホールディングス最高顧問と妻のれい子氏は08年11月、保有する自社の株式1361万株を、総一郎氏が代表を努めるニュージーランド(NZ)の資産管理会社に譲渡。さらに09年12月、総一郎氏は自らの住所も岡山市からNZに移しました。

 資産額1564億円の岡田和生ユニバーサルエンターテインメント(パチンコ機器製造)会長は、自社株5445万株を香港の資産管理会社に保有させています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

http://ameblo.jp/takumiuna/entry-12158498843.html
安い時給で働かせる一方で富を独占する経営者がさらに税逃れするということを放置してはいけません。経団連は欧州委員会が提案した多国籍企業の情報公開について反対していますが、タックスヘイブン問題解決には情報公開が急務です。

早く明日になりませんかね~。パナマ文書の企業及び個人名の公開が待ち遠しいです。「格差是正」は日本の最優先課題です。税逃れを放置していてはいけません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋洗大師 より:

    従業員に正当な給料を払い、労基法を遵守した働き方をさせ、租税迂回地を使わないで真っ当に税金払え!
    改めない場合は、ユニクロ、ベネッセ、ドンキ、パチンコの利用は止めよう!

  2. 匿名 より:

    経団連を潰せ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑