”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【常識】「うつ病=心の風邪」は薬を売るためのワナだった?投薬のほとんどは無意味だって?

投稿日:

img_50acd75a5c4bf2e971fe21f60e50fff753119

スポンサーリンク

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48911
「うつ病の人は'99年を境に急増しました。同年に抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)のルボックス(デプロメール)が認可されたのがきっかけです。

製薬業界はSSRIを売るために、うつ病啓発キャンペーンを大々的に展開しました。『うつ病は心の風邪』という言葉が流行して、本来は病気とは言えないような人もうつ病と認定されることになり、薬を処方されるようになったのです」

こう語るのは名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦氏。

実際、下のグラフを見ればわかるように、'96年には43万人程度だった日本のうつ病患者は、わずか12年のうちに100万人を超えるようになった。

また同時期に、地方公務員や公立学校職員などの公務員の「メンタル休職率」も急増している。地方公務員のメンタル休職率は'98年に0・3%程度だったのが、'06年には1%近く、つまり3倍にも増えているのだ。

うつ病患者の増加は、バブル崩壊後、失われた10年で日本社会にストレスが増えたからなどと語られることもあるが、とうてい社会環境の変化だけでは説明のつかない増え方だ。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

うつ病の治療で「薬だけ」「薬+運動」「運動だけ」を3群に分けてやったところ、「運動だけ」が一番効果的だったという結果があります(「からだの科学」)。

そして、何よりも知っておきたいのは製薬会社というのはこうして「キャンペーン」を行って、病気を作って薬を売っていくという事です。「ワクチン」とかもそうですね。僕の見解は全部が全部薬がダメというわけではありませんが、かなりの部分でいらない治療が行われ、それによって人々の生活・健康・人生が損なわれているというものです。

まあ、このブログを読んでくださっている方には「釈迦に説法」だとは思いますが、一応。「グローバル企業」のヤバさを初めて知ったのは製薬会社のこういった動きでした。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-医療・病気関連ニュース

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.