【BBCニュース】いかにして日本人はうつ病を信じるようになったか?患者数4年で倍増!抗うつ剤市場8年で6倍!

【BBCニュース】いかにして日本人はうつ病を信じるようになったか?患者数4年で倍増!抗うつ剤市場8年で6倍!

公開日: : 医療・病気関連ニュース

img_50acd75a5c4bf2e971fe21f60e50fff753119

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-36972140
しかし、うつ病がそれまで周知されていなかった原因は、日本の医学界の慣習にあるという説明の方が有力だ。欧米ではうつ病を心身両面の疾患ととらえる見方が一般的なのに対し、日本では主に身体的なものとみられていた。うつ病という診断名自体はめったに使われず、典型的なうつ症状に苦しむ患者たちは医師から「静養が必要なだけ」とだけ言われることが多かった。

こうした諸々の事情から、日本は抗うつ剤の市場として見込みがないと考えられていた。代表的な抗うつ剤「プロザック」のメーカーも、日本にはほぼ見切りをつけていたほどだ。ところが20世紀も終わる頃、日本の製薬会社が展開した驚くべきキャンペーンによって状況は一変する。

うつ病は「心の風邪」だとするキャッチコピーが広まった。だれでもかかる可能性があり、薬で治療できるという意味だ。

当然ながら、日本でうつ病を含む気分障害と診断される患者の数はたった4年間で倍増。抗うつ剤の市場は06年までのわずか8年間で6倍の規模に急成長した。

ほかの国と同じように日本でも、有名人の告白は注目を集める。俳優からアナウンサーまで、あらゆる人々が進んでうつ状態の経験を明かすようになった。この目新しい病気は世間に認められただけでなく、ややおしゃれだという雰囲気さえかすかに漂わせていた。


以下ネットの反応。

薬が必要なうつ病(うつ症状)というのは間違いなくありますが、果たして現在の状況は適切に処方されているのかということを深く考えさせてくれる記事です。

こうした諸々の事情から、日本は抗うつ剤の市場として見込みがないと考えられていた。代表的な抗うつ剤「プロザック」のメーカーも、日本にはほぼ見切りをつけていたほどだ。ところが20世紀も終わる頃、日本の製薬会社が展開した驚くべきキャンペーンによって状況は一変する。

うつ病は「心の風邪」だとするキャッチコピーが広まった。だれでもかかる可能性があり、薬で治療できるという意味だ。

製薬会社というのはこういった目線で我々を見ているという事を忘れてはいけません。この目線はうつ病だけ、精神疾患だけに留まると考えるのはお人好しが過ぎるでしょうし、製薬会社と懇ろな多くの医師もこういった状況下で働いているという事を認識しておくべきです。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 芋っち より:

    Kさんのまとめコメントの直下に、スポンサーリンクとして、「薬に頼らない鬱病対策」という広告が出てますけど w
    怪しい・・・

  2. 無荘 より:

    精神的に辛くなると薬に縋りたくなる心情は分かります
    私は薬の専門家ではありませんが向精神薬一般は脳を麻痺させることによって辛さから一時的に解放する時間稼ぎと見ています
    薬に頼ると量が増えて泥沼に嵌ります
    薬に頼らずに本質を捉えて解決するしか道はないと考えます

  3. 匿名 より:

     現在の医療の構造問題(新薬買って/使って)を指摘されてるのだと思いますが、具体例が「うつ病」となると難しくないですか?
     善意のツモリの励ましも、強いプレッシャーになるような精神状態のヒトに、「キミそれはね、医薬品メーカーの戦略なんだよ」とか上から目線で講釈しても・・・。

    >スポンサーリンク
     私は最近は、使ったばかりのヨドバシドットコムの、注文した商品の広告ばかりです(買ったんだから、もう要らないのに)。

    • 健康オタクなMr.K より:

      それでも、そこに自力で辿り着かないといつまで経っても同じ所をグルグルなんですよね。

    • 9:18PMです。 より:

       こちらのサイトの表現・姿勢を非難するツモリは無いのですが、こういう論調・・・というのか巡り巡って、「うつ状態」で苦しむ人への(語彙が乏しくてスイマセンが) 偏見・蔑視の方向へつながらないかなーと、心配しすぎなんでしょうけど。

      • 健康オタクなMr.K より:

        >偏見・蔑視の方向へつながらないかなー

        そういう可能性ももちろんあります。

        ただ、製薬会社のキャンペーンという事実を知らない人がほとんどなので、この事実を広めることは必要なことです。

        偏見のリスクと、病気に関する無知のリスクを考えると後者の方が危険と思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑