”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【いいね!】フィンランドは図書館で本が借りられれば作家に1冊15円の印税が入る仕組みらしい。

投稿日:

640x427x5d50d212fad6849fc68dcdf51556b587-jpg-pagespeed-ic-dmbclmaia7

http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/24/finland-library_n_12165616.html
高いレベルの教育で知られ、優れた文学を生み出してきたフィンランドでは、人々が日常的に読書し、本に触れているという。図書館では「読書介助犬」が子どもたちの読書を助けたり、従来のお堅いイメージから脱却して『市民のリビングルーム』になろうとしたり。図書館で本が借りられれば、作家に1冊15円の印税が入り、作家活動にも平均で一人あたり年間7000ユーロの補助金が出される。

フィンランドでは図書館はすべて公立で、大学図書館も一般に公開されており、国民1人あたり年間貸出冊数は20冊近い。これは世界的にもトップレベルで、日本では国民1人あたり年間貸出冊数が約5冊であることと比べても、図書館はとてもよく利用されているといえる。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これは素晴らしい仕組みですね。いい作品も生まれるし、それによって国民はまた本を読むようになる。最も理想的な国興しだと思います。本を読んで己との対話をせずに、イノベーションなんて起こせませんからね。

一方日本では文系の大学は廃止されていくとか、なんとか・・・必要なのはロボット管理人だけと考えてるのかな。

しかし、日本人はまだ図書館で年間5冊も借りてるんですね。それには驚きました。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-海外, 社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.