【話題】「2016年日本という国で子供2人を育てるのに必要な年収は30歳で650万円」というレポート。

公開日: : 仕事・労働, 社会問題

hhyt

http://www.sekkachi.com/entry/Reasonable_income_Japan
「一体いくら年収があれば、住宅ローンを完済し、子供を育て上げられるのか」

こうした動機から、次の条件をクリアできる適正な年収を導き出すことを目標にレポート記事を作成していきます。

1.年収の5倍程度の住宅ローンを完済する
2.子供2人を奨学金を借りることなく大学を卒業させる
3.必要とされる老後資金3000万円が貯蓄できる

【結論】日本で子供2人を育てる適正年収は30歳で650万円

みなさんはここでのシミュレーションをどう感じましたか。「全く根拠のない机上の空論」と感じられたでしょうか。私は「ちょっとショッキングな結果」だと感じてしましました。というのも、30歳時年収が650万円に達しているサラリーマンは DODA調べによると、わずか10%にも満たないことが分かるからです。

ここで私が行った分析が、脅かしや誇張に感じられるか、現実的と感じられるかは意見が分かれるところだと思います。ただ、今後日本において子供を産み育てていくは少子高齢化に伴い、どんどん過酷なものになっていくことを否定される方はいないのではないでしょうか。

「子は日本の宝」と本気で考え、少子化に歯止めをかけていくならば、子育て支援は日本の急務であります。このシミュレーションがあくまで机上の空論で、実際は想定以上に子育て費が安く済むことを願うばかりです。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。





1.年収の5倍程度の住宅ローンを完済する

これからの日本は住宅ローンは借りちゃダメ、家建てちゃダメです。イザと言う時に逃げられません。

2.子供2人を奨学金を借りることなく大学を卒業させる

学費を無料にさせるべきです。

3.必要とされる老後資金3000万円が貯蓄できる

生涯現役でいられる準備が必要です。

と突っ込んでみましたが、優れたレポートで面白かったです。そして、今後は健康保険料、住民税、年金の掛け金なんかも上がる一方ですからますます厳しくなりますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    もう子供が産まれてくるような国じゃないってことだ
    日本人自身が自分たちで生き地獄のような国を作り上げたんだから
    完全な自己責任だね

  2. 芋っち より:

    元記事読んでみました。
    ふ〜、疲れた〜。
    このシミュレーション自体、無意味な気がする。
    年金は破綻するだろうし、社会保障は切り捨てられるだろうし、給料は下がり雇用は不安定化(残業代なし働かせ放題、涙金で解雇可能に)するだろうし、ハイパーインフレが起こるかもしれないし・・・
    日本では、住宅ローンと同様、もはや「子供」は「負債」なんだなと思った。
    そして「長生き」もまた「負債」なんだ。
    そんな国に未来はないな。
    安倍が所信表明演説で「未来」を連呼してたけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑