”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【日本死ぬ!】2016年に生まれた赤ちゃんの数が過去最少に!アベノミクス・新3本の矢「希望出生率1・8」はどこへ?

投稿日:

img_e05d3ee6815428b27bc54d7d0571e067161030

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016122101001869.html
2016年に生まれた赤ちゃんの数は過去最少の98万1千人(前年比約2万5千人減)とみられ、現在の形で統計を取り始めた1899年以降、初めて100万人の大台を割り込む見通しになったことが22日、厚生労働省が公表した人口動態統計の年間推計で分かった。一方、亡くなった人は昨年より約6千人多い129万6千人とみられ、死亡数から出生数を引いた人口の自然減は過去最大の31万5千人と推計される。

 政府は若い世代が希望通りの数の子どもを持てる「希望出生率1・8」の実現を目指すが、少子化に歯止めがかからない実態があらためて浮き彫りになった。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「希望出生率1・8」って言うだけで、実際には少子化対策なんか何にもしてませんもんね。「出生率の回復」のために「教育無償化」「若者の賃金引上げ」などは、今すぐに手をつけても、もう100%無理ぐらいなのに、やってることは終わったTPP、年金カット、カジノフィーバーですからね・・

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済, 社会保障, 社会問題
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.