【大スクープ?】米ケリー国務長官が超重大発言「アメリカはシリアのアサド政権を打倒するためにISIS(イスラム国)を結成した」

公開日: : 最終更新日:2017/01/11 政治経済, 社会問題 ,

00-top

482709_630x354

アメリカ国務長官、「ISISの結成目的はシリア政権の打倒」
アメリカのケリー国務長官が、「アメリカは、シリアのアサド政権を打倒するためにテロ組織ISISを結成した」との異例の発言を行いました。

英語のインターネットサイト、オフ・ガーディアンによりますと、ケリー長官は、シリアにおけるアメリカの主要な目的がアサド政権の打倒であるとし、「アメリカ政府は、この目的を果たすためにISISの結成を許可した」と語りました。

また、「アメリカは、ISISの結成やこの組織の権力増大により、シリアのアサド大統領にアメリカの望む外交的な解決手段を見出させ、退陣に追い込むことを希望していた」とし、「アメリカは、この2つの目的達成のために、ISISの一部のメンバーを武装化した」と述べています。

さらに、「アメリカ政府は、ISISがいつでもより強大化することを視野に入れていた」とし、「アメリカは、シリア政府がロシアに軍事支援を依頼するとは予想していなかった」としました。

この報告によりますと、シリアの反体制派グループの代表者との会談における、ケリー長官のこの談話の音声ファイルは、これ以前にCNNやアメリカの新聞ニューヨーク・タイムズに公開されていましたが、アメリカのISIS支援に関するおよそ35分間の部分は、アメリカのメディアにより検閲、削除されていました。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。















イスラム国のバックにアメリカがいるという噂・証言は腐るほど見聞きしてきましたが、まさかこんな直接的な証拠が、こんなにも早く出てくるとは思いもしませんでした。

これが正真正銘のホンモノなら「俺たちはテロ撲滅をやってる正義の味方」という西側諸国(米・欧・日本など)の言い分は成り立たなくなります(もちろんテロは最悪ですが)。だって、イスラム国(テロ組織)倒すということは、アメリカ倒すということですからね。

日本の報道を賑わしている、オバマ・クリントン=善、プーチン・トランプ=悪、という図式もガタガタと崩れ去りそうです(プーチン・トランプ=善とまでは僕には思えませんが)。

海外も当然ですが、かなりザワついています。ユーチューブにはここ数日で関連動画が山のようにアップされてます。

Leaked audio of John Kerry’s meeting with Syrian revolutionaries/UN

Leaked John Kerry Audio Exposes That Trump Was Right When He Said Obama Was The FOUNDER of ISIS!

http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i21766
西側を率いるアメリカは、ヨーロッパの同盟国と共に、シリア危機が形成され拡大された時から、テログループを良いものと悪いものに分け、良いテログループとしてISISに大規模な支援を行いました。西側の目的はシリアのアサド政権を転覆させることにあり、その目的を実現するために、これらのテログループを利用しようとしました。

こうした中、ISISは西側のレッドラインを越えて、現在欧米での脅威に変わっています。その例として、パリ同時テロやアメリカのセントバーナーディーノでのテロ事件を挙げることができます。こうした攻撃を受け、欧米の指導者はISISに対して真剣な攻撃を行うと表明しました。こうした中、これまでアメリカは、ロシアがシリアで行っているような、大規模な空爆やミサイル攻撃といった真剣な軍事攻撃を行っていません。

アメリカのトランプ次期大統領も、選挙戦で、オバマ大統領やクリントン前国務長官がISISの結成に直接かかわったと表明しました。トランプ氏の表明は実際、何度となく、プーチン大統領など、世界の一部の国の首脳が述べてきた疑いを認めるものでした。

実際アメリカは、中東で目的を実現するためにISISの形成や強化に大きな役割を果たしてきました。

その一方で、アメリカは対ISIS国連連合を主導していますが、これに関してもそれが本物かどうかは疑いの余地があります。2015年にはイラクの領空を介して、アメリカがISISに後方支援を送っていたことが明らかになっており、アメリカの一部パイロットも、「ISISの関連の標的を攻撃することができたにもかかわらず、上官は攻撃の許可を出さなかった」と証言しています。

ISISがシリアの合法政府を転覆させるためのアメリカやその同盟国であるサウジアラビアの努力が生み出したものである中、現在、なぜアメリカはISISとの戦いを主張しているのでしょうか。彼らはISISを殲滅しようとしているのでしょうか、それともISISの力を制限し、地域での目的に向けそれを維持しようとしているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    テロ支援国家は実はアメリカ自身だった。政策としてISを支援してたんだ~。
    ということは、アメボチ安倍政権もテロ支援が本音なんだ~。
    すると、安倍政権を熱烈支持するネトウヨさんも、実はテロ支援が本音なんだ~。
    はっきりしようね。

  2. 匿名 より:

    テロと戦うと勇ましいことを言っていた安倍だが、
    テロ=イスラム国=アメリカ
    とそのアメリカと戦うのかね。

    というよりものすごい茶番だが、その茶番に巻き込まれて難民に死者にいったい何なんだろう。

    『アメリカはシリアのアサド政権を打倒するためにISIS(イスラム国)を結成した」 』が大スクープでも日本のテレビ局と新聞はスルーで無視だろうな。
    なんせ安倍の飯友飯友飯友飯飯友飯友飯友飯飯友飯友飯友飯飯友飯友飯友飯達が日本のメディアを掌握しているからね。

  3. 匿名 より:

    1番信頼できると思っていたボスが、実は敵と繋がっていた。。。
    サスペンスではありうる落ちですが、現実だと辛い。
    何を信じていいかわからない世の中ですね。

  4. 腐れ大学生 より:

    これって凄い事実だよな。
    日本のメディアは大々的に報道すべきだな。
    何が共謀罪だよ。テロ支援国家アメリカと共謀していたのは安倍、お前だ!

  5. 匿名 より:

    テロに屈しない by プレジデント・アベ
    ん〜〜・・・
    じゃあ、アメリカと戦うか!!

  6. 匿名 より:

    ちょっとわからないので、教えていただけますか?

    ・ 「アサド政権を倒すためにISISを作った」と言っていますが、なぜアサド政権を倒そうとしたのでしょうか? (石油権益とか?)
    ・ 上記のツイート中に、
    「911も自作自演だ」
    という発言があります。襲撃を受けたビルにいるはずのユダヤ系経済人が全員事前に逃げ出していたという話を聞いたことがありますが、もう911の時点から自作自演なのですか?
    ・ 日本政府はこのことを全く知らなかったのでしょうか?
    ・ 後藤さんはじめ、多数の西側諸国の人間が誘拐、処刑されましたが、あれもアメリカの指示なのですか?

    よろしくお願いします。

    • 匿名 より:

      後藤さんとはるなさんの遺体の引き取りを要求しなかった時点で、なんかおかしいと思いました。
      遺体も確認せずに、さっさと死んだことにされてしまった。
      二人は整形して新しい戸籍を入手して生きているのではないかと・・・・。
      漫画や映画なんかだと、絶対にそう。ということは、日本も一枚噛んでいるのか?
      安倍政権は漫画チックだし。
      事実は全く知らないけれど、映画好き漫画好きにはそう見えます。

  7. 匿名 より:

    このエントリーの元記事、
    「Parstoday」を開いてみた。
    本エントリーに関係ない話で申し訳ないのだが、

    > サウジアラビアは、アメリカのゴーサインにより2015年3月からイエメンに対する攻撃を開始しました。この攻撃の影響で、これまでにイエメンでは1万1000人以上の民間人が死亡、ほか数百万人のイエメン市民が住む家を失っています。

    先日東京新聞で、カリーム師岡というハーフ女性が、
    「サウジがイエメンを攻撃し、数千人の子どもが爆撃や飢えで死んだり死に瀕しているのに国際社会は無視している」
    と書いているのを読んだが、全く知らないことだったので驚いた。
    その話は本当だったようだ。
    なぜ?
    なんのために?
    遠い国、イエメンだが・・・
    これもアメリカ絡み。
    アメリカと共に、地球の裏側まで戦争に行く日本。

  8. 匿名 より:

    「アサド政権を倒すためにISISを作った」で思い出したのですが、たしかイスラム国の幹部はアメリカが作った捕虜収容所か刑務所内でイスラム国のネットワークが形成されたはずですが、あれがアメリカの指示で作られたとなると納得するな。
    アメリカは確信犯でテロ組織を作ったんだ。

  9. 匿名 より:

    アメリカ政府がネオコン軍産複合体の代理だったことはもはや周知だが
    なんで今更ケリーが暴露したのかが気になる
    どうしたケリー?

  10. 匿名 より:

    今まで陰謀論として一笑に付されていたものがどんどん真実だと暴かれて来るようになった。

    911や311の大嘘が暴かれる日も近いだろう。

    • 匿名 より:

      311って、なに?
      もしかして、地震兵器のこと?
      それって・・・(笑)

      • 匿名 より:

        ですよね。
        そんな便利な兵器あったらとっくにシリアに導入してますよ。トルコ周辺も地震多発地帯ですし。

  11. 匿名 より:

    ネトウヨが忠誠を誓っているアベの行動がいかに愚かかがわかるよね。

  12. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    この話は、「米国の帝国・覇権主義」に基づく反米・非親米政権を世界各地で「反政府勢力」を利用してクーデターなどを起こさせて「傀儡政権」を置き、それらの国の「富・資源を収奪」し続け、親米国で世界が埋まらなければ安心出来ないと言う事実によります。

    米国がそうした行為をする以上、当然「敵対国が同様な事をする事」にも怯えている訳で、それを口実にNSAが全世界の電話・メールなどの通信を傍受し、CIAなどが他国の政府・自国資本の金融機関内に内通者を確保し反政府側へ情報を提供させ、軍備を拡張し各地に駐留させ、軍事産業を国家予算で保護しています。

    また、軍備以外の方法として、NAFTAで見られた様に「産業・食料での支配」も行っています。

    NAFTA締結国で「とうもろこし発祥地」のメキシコは、米国の輸出補助金により極めて低額なとうもろこしの大量流入でそれまで種類別に様々な料理法などが存在する多様な文化があったのに、そうした文化が奪われとうもろこし農家が大量失業し「米国への不法移民」と化しました。

    「小麦発祥地のイラク」でも、色々な種子が存在しアブ・グレイブに保管されていたのにイラク戦争で破壊され刑務所に変えられた挙句、米国モンサントの遺伝子組み換え小麦を押し付けられています。

    「綿発祥地のインド」でも、同様に遺伝子組み換え種子が投入され、多数の綿農家が自殺しました。

    ウクライナでのクーデターも「NATO加盟国拡大政策」の下に起こされた物で、シリアの出来事も「同一線上」に有ります。

    「冷戦構造」消滅直後、軍産複合体・職業軍人・職業諜報組織などを縮小し、国民の生活を豊かにする方向に動き「平和の齎す利益」を追求する方向にも行けた筈ですが、未だ議論が深まらない中で軍産複合体制維持の為に「9・11」が起こされ、「テロとの戦い」に各国が突進する事になりました。

    米国が対ロシアに強硬姿勢なのは、ソ連消滅後に強国・大国として脅威の復活をし「米国の覇権」に異議を唱えるほぼ唯一の「良識を弁えた国」だからです。

  13. 匿名 より:

    RT 町山智浩・告知用 @TomoMachi
    ·1 day
    ソースとなっている「オフ・ガーディアン」という英語サイト、バックグラウンドが今のところ不明です。今流行のフェイク・ニュースの可能性高いです。確認するまで、拡散を一時見合わせてください。念のため。

    • 匿名 より:

      13番さんではないですが、追ってみたところ追記ありましたね。

      やはり、ブライトバート、ワールドネットデイリー、ニュースマックスなど極右派メディアにしか出ていないニュースです。信憑性が低いので、しばらく拡散しないで様子を見たほうが得策だと思います。

      タイムスタンプは9日12:26。

  14. 匿名 より:

     このケリーの発言と、イスラエル非難決議に、初めて米国が拒否権を行使しなかったことが、超異例の米国からのイスラエルへの最後通牒的な意味合いのメッセージと捉えられており、イスラエル支持者側には激震が走っている。
     初めてであり、異例であり、真意がはかりかねる米国とイスラエルの関係。そして、NWO等フリーメーソンのオバマ政権の終焉のとらえ方、完全な敗北と捉えたか?八方ふさがりは本当か?時間切れか?その唯一の謎の判断材料が、ケリーの発言だ。ネタニヤフに顔面パンチで青あざつくられた個人的恨みばかりでは無いだろう。
     イスラエル国内にも大きな動きがある。アジアでの戦争をあきらめるネオコンが、次に取る手段は何か?北朝鮮のICBMブラフなどばかばかしいが、世界の99%軍隊に囲まれていく1%悪魔教徒超富裕勢力の動向は、いかなるものか?ロン・ポールの米国民への緊急メッセージは有効であり、米国経済の破綻は確実なのだ。あらゆる真実を敵に回した不正権威の集団の終焉が、自然力学的な圧力により近づく。1%は確実に追い詰められている。
     トランプ大統領の米国が、どんな見方であれ、楽観視の材料はひとつもない。超マイナス材料てんこ盛りの米国。トランプ弱しと見れば、周囲はネオコン手回しで、トランプは敵だらけになるだろう。そこに、幸福な取引は、何も見えない。
     ゆえに、日本では全くニュースにならない。(させない)

  15. 匿名 より:

    後藤さんとはるなさんは、アメリリカと安倍自公政権によって殺されたということであり、現政権が人間の命をいかに軽んじているか。これではっきりしました。

  16. […] だんだんと、世界のほんとうの姿が白日の下に。。。。 […]

  17. 匿名 より:

    知 っ て た

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑