【新成人意識調査】東日本大震災後から「政治経済」への関心が顕著に低下!6年連続で減少トレンド

公開日: : 政治経済, 社会問題

free-illustration-seijinshiki-irasuton

今年の新成人「日本の未来は明るい」は3割、2014年をピークに減少

■東日本大震災後、顕著に低下し続ける政治経済への関心、6年連続で減少トレンド

「政治」「選挙」「経済」「外交」に対する、新成人の関心度合いをたずねた。「政治」「選挙」「経済」は、2011年3月に発生した東日本大震災後の調査となる2012年から、年々低下し続けていることがわかる。

■ニュースや話題を得る手段、「テレビ」が90%で最も多く、信頼度もトップ

ニュースや話題を得る手段として最も多かったものは「テレビ」90%、次いで、「SNS(個人による投稿)」59%、「ニュースサイト・ニュースアプリ」54%でした。また、信頼している情報は、同じく「テレビ」が最も高く56%、そして「実際に会って聞いた話」28%、「ニュースサイト・ニュースアプリ」23%と続いた。また「SNS(個人による投稿)」でニュースや話題を得る人は59%と2位につけるも、“利用者の信頼度”は、ワースト2だった。また、「ブログ(個人による投稿)」や「ダイレクトメールやちらし」は、信頼度が低いことを認識してか、ニュースや話題を得る手段としてはあまり活用されていないようだ。

■SNS利用率、1位「LINE」93%、2位「Twitter」78%で、いずれもこの5年で最高

SNSの利用率は、「LINE」が93%、Twitterが78%で、いずれもこの5年で最高となった。また、昨年から選択肢に追加した「Instagram」は、今年「Facebook」を追い抜き36%となった。

東日本大震災の年の2011年には「政治経済」への関心が最高に高まっていますが、それ以降は毎年顕著に減り続けています。何が原因かわかりませんが、ちょっと信じられない結果です。

・SNSでも内向きなのが流行ってる
・ゲームもオンラインゲーム(交流アリ)からスマホゲーム(一人で黙々)へ移行
・ユーチューバー大人気

外の世界に関心が薄まってることが原因のような気がしますが、違うのかな?

しかも、テレビを信頼してるって・・・「1億総白痴」国家が完成しつつあるようです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    レミングの集団自殺かよ・・・

  2. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    政治・経済ニュースを理解する為には、専門的に勉強をしたり、或る程度の期間継続的にそれらのニュースをチェックしなければ無理でしょう。

    「非正規・長時間労働環境」や、「学業にアルバイト」などで疲労してしまうと、そうした事柄に関心を向ける事も困難に成り、新聞を読む事すら辛く、受身で済んでしまうテレビからの娯楽・情報収集が主になっても不思議では無いでしょう。

    チェルノブイリ事故後に確認された事として、注意力・集中力・記憶力などの低下、複雑な思考力喪失などが有り、福島を中心に関東・東北や、瓦礫を焼却した地域ではそうした傾向が出てもおかしく無さそうです。

    記者クラブで情報を独占し、新聞を学校に配布する為に、17年度は「前年度の倍の30億」もの巨額で「新聞社を買収」し、「寿司友」が幹部なので、こうした背景は「一切報道され無い」でしょうが、、、。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑