”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【重要!】安倍総理とマスコミ幹部の会食は刑事罰の対象になる可能性アリ!?「業務妨害罪」「贈収賄罪」

投稿日:

B6vAo-1CQAEjCr8
第2次安倍政権になってから早々に何度も何度も行われてきている安倍総理とマスコミ幹部との夕食会は、場合によっては、『刑事罰の対象になる行為』であることも考えられると京都大学大学院法学研究科教授(刑事法)の高山佳奈子氏が指摘しました。

スポンサーリンク

【緊急アップ!】安倍総理とメディアの会食は「業務妨害罪」「贈収賄罪」の可能性!? 学者の会で刑事法学者・高山佳奈子氏が指摘!元共同通信・浅野健一氏も批判「御用メディアと闘わないといけない」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254388

「安倍首相と大手メディアの要職の方々との夕食会は、場合によっては、『刑事罰の対象になる行為』であることも考えられる」——。極めて重要な指摘をしたのは、京都大学大学院法学研究科教授(刑事法)の高山佳奈子氏だ。

首相と夕食会というのをマスメディアの要職の方々がずーっと何十回も繰り返しているということがあり、これが国会でも質問の対象になりましたけれども、『私的に行っていることなので、明らかにならない』ということだったと思います。

 でも、場合によっては、これは圧力をかけたり、それから裏取引をしたりということは、場合によっては『刑事罰の対象になる行為』であることも考えられるんですね。

 『業務妨害罪』であるとか、あるいは民間の『贈収賄罪』というような犯罪類型もございます。これは、これから時間をかけて徹底的に明らかにしていくべきことではないかと思います」

岩上「これは要するに、権力とメディアが、一種の談合を行った場合、情報をそれで歪めるということは、贈収賄罪が成り立ちうる、と。すごい重要な指摘ですね」

高山氏「たとえば、嘘の情報を意図的に流すということが実際に行われているという、私に直接関係する問題点でもそういう経験がございましたので、これは本当に、市民たちの判断を直に誤らせることになってしまいますので、真実を解明する必要があると考えています。

「安全保障関連法案に反対する学者の会」100人記者会見 京都大学大学院法学研究科教授(刑事法)高山 佳奈子氏


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

メディア=国民と共に権力を監視する役割
政権=憲法の下国民に変わり政策を決めていく

ツイッターでも言っておられる方がいますが、諸外国では「政権トップとマスコミのトップ」が会食するなんてことは考えられません。それだけで癒着しているのではと疑われ、すぐさま政権転覆の危機につながるからです。

しかし、日本ではメディアの役割というのは忘れられて(忘れさせられて)しまったので、政権のトップと何十回ご飯を食べようが糾弾される声が大きくなることはないのです。今回京大の高山先生が指摘してくれましたが、我々もこれまで以上に厳しい目で政権を監視していかなければなりません。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.