【搬出終了までに100年】東日本大震災6年・復興の検証「中間貯蔵施設、整備遅れ」「汚染土、長引く仮置き」(毎日新聞)

東日本大震災6年・復興の検証 中間貯蔵施設、整備遅れ 汚染土、長引く仮置き

雪で覆われた築約60年の古い農家の周辺を、記者が持参した線量計で測ると毎時1マイクロシーベルトを超えた。年間だと5ミリシーベルト超で、一般人の被ばく限度(1ミリシーベルト)の約5倍。それでも「今日は雪があるから低い」という。

帰れないと考える理由の一つが汚染土だ。村を歩くと、あちこちに緑色のカバーが掛かった小さな山がある。中には汚染土が入ったフレコンバッグが積み上げられている。

このペースでは搬出終了まで単純計算で100年以上かかる。酒井さんは「汚染土の山に囲まれて暮らす気にはならない」と嘆く。

一方、福島県外でも栃木や宮城など7県57市町村で除染が行われ、汚染土約32万立方メートルの約95%が現場保管されている。ただし、中間貯蔵施設への搬入は福島県内の汚染土に限られるため、県外の汚染土は処理方法すら決まっていない。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

東日本大震災・福島原発事故から6年が経過しても、問題解決の方法すら定まっていないと言うのが正確な現状認識ではないでしょうか。汚染土が入った(漏れ出したりもする)フレコンパックに囲まれて暮らすなんて、どう考えても無理でしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    我が家の庭に埋められたフレコンバックも、ひょっとして何十年もこのまま?
    家を建てて、自分で庭づくり進めている最中にこの事故で汚染された。芝生、草花はすべて剥がされた。
    リビングの正面の汚染土が埋まっている2.5m四方程のこの場所と、取り出す際に重機が入るであろう庭の半分は
    また掘り返される事を考えると手を加えることが出来ない。
    この迷惑でしかない汚染土を預かっていることに対する、補償は何もない。

  2. 匿名 より:

    放射能汚染土を、飯館村から搬出するだけでも100年かかるって、なぜ?
    トラックが足りないの?
    人手が不足なの?
    貯蔵スペースは足りてるの?
    そんなペースじゃ、上の人の庭に埋めた汚染土は、ずっと自己保管するしかなさそう。
    でもフレコンバッグはプラスチックだから数年で劣化して土、出てくるし。
    ああ! やることなすこと、行き当たりばったりで、トロくて、嘘ばかりで、もういやだこんな政権! こんな国!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑