民進党議員が絶賛の「民進党大会・井手英策慶応大教授の来賓挨拶」を見てみた。(動画12分)

公開日: : 政治経済

大学教授の立場を考えればズッポリと踏み込んだお話しで、確かに素晴らしいと思いました。ただ、このお話しが民進党大会の最大の話題・収穫みたいな扱いはあまりにも悲しいです。このお話しが「陳腐」で「つまらないもの」と感じるぐらいの党大会でなければならないはずです。

民進党・2017年度定期大会来賓挨拶 慶応大学経済学部 井手英策教授

スポンサーリンク


以下民進党議員の反応。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    東京新聞より。

    http://www.tokyo-np.co.jp/senkyo/kokusei201607/ren/CK2016070802100023.html

    増税分の使い道のうち8割は借金の穴埋めに回されました。残りは医療、年金、介護、子育てという社会保障に広く、薄く使われています。さらに再増税で引き上げが予定されている2%の大部分は低所得者対策に回ります。これでは中間層に受益感がないので、多くの人が増税に賛成しません。
    しかし5%増税分のうち半分を社会保障と教育の充実に使えば、社会は劇的に変わります。保育園や幼稚園、そして大学の授業料を無償化に大きく近づけられます。介護の1割負担もなくせる。全国の公立病院が赤字で苦しまずにすむ。こういう社会になることを政治家が示せば、増税への抵抗は和らぐはずです。〈 一部抜粋 〉

    まだ動画見てないけど、多分この記事のような話だろう。
    ・・・あのさ、なんで「増税第一」なのかな?
    まず税制の不公正を正せよ。
    安倍のバラマキをなんとかしろよ。
    増税したって、それが正しく使われなきゃ、取られ損なだけだ。
    民進党も含めて政府が信用できないんだよ!

    • 匿名 より:

      本当、ソレ
      これ以上増税されたら、生活が立ち行かなくなって
      その社会保障に頼らざるを得ない庶民が爆発的に増えるだろう

      所詮、庶民の生活の現実を分かっていない大学教授の机上の議論だ

  2. sasakik より:

    井手英策・慶応大教授の話を視聴しました。確かに心打ついい話でした。
    民進党議員の中でどれだけの方がこの話をわがこととして受けとめることができたのか?無為無策の連合の方を向くのではなく、悪政製造機自民、公明にすり寄るのではなく、国民の幸せを本気で考える党であってほしい。
    ところで野党連合についてはどうなの?共産党を招待しなかったの?
    まだまだ本気で自民の悪政を終わらせる気概が感じられないよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑