”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【4月1日発表】「現在の社会に全体として満足」65.9%で過去最高!ネット「エイプリルフール」(内閣府調査)

投稿日:2017/04/02/ 10:42 更新日:

「社会に満足」過去最高66%=防衛・外交、悪化の見方増す―内閣府調査

満足している点を複数回答で尋ねたところ、「良質な生活環境が整っている」43.2%、「心と身体の健康が保たれる」27.0%、「向上心・向学心を伸ばしやすい」17.8%の順で、いずれも前回調査比でほぼ横ばいだった。

 満足していない点としては「経済的なゆとりと見通しが持てない」が43.0%(同1.4ポイント減)とトップ。「若者が社会での自立を目指しにくい」35.5%(同1.6ポイント減)、「家庭が子育てしにくい」28.7%(同0.2ポイント増)と続いた。 

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

高校生はブラックバイト、大学生は奨学金、社会人はブラック企業、非正規4割、残業100時間、老人は下流老人。

実質賃金は下がり続け、社会保障費は増え続ける一方で、政治家の「政治とカネ」の腐敗は止まらない。

普通だったら、ここ数十年は徐々に下がるか平行線というのが「日本社会の満足度」だと思うんですけど。安倍政権になって数字が激増しているのがポイントですよね。

やっぱり日本人は支配されるのが好きなのかな?それともエイプリルフールネタ?スマホゲームのやりすぎ?まあ、1月、2月は内閣支持率も最高に高かったのでそういった影響でしょうか?

あとは、内閣府の調査というのも信頼性が疑われますよね。なんつっても資料破棄したり、隠ぺいしたり、嘘ついたりするのがお得意な人たちですから。4月の初めから超ド級のニュースでした。

「庶民ほど税に苦しむ」異常な国、日本の現実

一方、庶民には消費税や国民健康保険税といった貧しいほど負担感が重い逆進的な税がのしかかっている。

 消費税が増税されても現役世代の給料は追いつかず、消費税が8%に上がった2014年度の実質賃金は3.0%も下がった。消費税が導入される前の春闘で、政府が経済界に異例の賃上げを要請し、春闘では2%を超える賃上げが実現されたという声が労使から出ていたが、実際は違った。労使が「賃上げ」と呼んでいるものは先輩の給料に追いつくための「定期昇給」を含んだもので、ベースアップ分はわずかしかないためだ。そのわずかなベースアップは消費増税に追いつかず、実質賃金は大幅なダウンとなっている。

 実は、実質賃金の低下は2011年度から2015年度まで、5年も続いた。2015年度の国民の実質賃金は2010年度より5.3%も減った。給料が減ったり、消費増税で負担が増えたりして、給料で買えるものがこんなに減ったということだ。これに加えて、サラリーマンが加入する国の年金である厚生年金の保険料は毎年上がり、高齢化にともなって健康保険も介護保険も上がっている。国民の可処分所得がこんなに減っていて、今後増えるどころかさらに減る見通ししか示されていない状況で、消費が増えるはずがない。

国は税や社会保険料を集めて、困っている人に「再分配」をする。経済活動による所得の偏りを修正するためだ。日本の高度成長期からバブル期にかけては、「一億総中流」といわれるぐらい格差を意識することが少ない社会だった。ところが、バブル崩壊から20年余りがたち、再分配をした後の年間所得の世帯分布を見ると、ボリュームゾーンは300万円台から200万円台に下がり、厚みも増している。

 この結果、日本では再分配の前と後で貧困率を比べると、勤労者や子供のいる世帯で再分配後のほうが貧困率は上がる逆転現象が起きている。これは、経済協力開発機構(OECD)の加入国で唯一の現象で、先進国として恥ずかしい事態だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会問題
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.