【正論】バルセロナ銀・有森裕子氏がアスリートファースト・オリンピックファーストに違和感「社会ファーストであるべき」「オリンピックはいつからそんなにエラくなったのか」

公開日: : 社会問題 ,

オリンピックはいつからそんなにエラくなったの? 有森裕子さん

「全国民が取り組め」の椎名林檎と対照的! メダリストの有森裕子が五輪至上主義を批判し「社会ファーストであるべき」

 有森はまず“アスリートファースト”という言葉に対する違和感について、こう語っている。

「(アスリートファーストという言葉は)違和感だし、どういう意味合いで言っているのか、みなさんそれぞれすごく違うような気がするんです。アスリートがアスリートファーストで考えて欲しいと言うのと、まわりの人が言うのは違うと思うんです。しかも掲げて言うほどのものではなく、本当は“社会ファースト”だと思うんです。スポーツも文化もすべて社会で人間がきちんと楽しく、平和に健康でいるための手段のひとつ。音楽や物をつくる、スポーツする。オリンピックもそうした手段のひとつだと思うんです。ですからすべては社会の感覚と一致しないといけない。そうすると“手段”がファーストになるのはおかしいですよね。すべては社会ファースト。ですから社会のことを考えて、その感覚と一致しなくてはいけない。でもいまのオリンピックの考え方とか、ことの進め方は、ある時点から、もちろん招致のときからあったのですが、あまりにも“オリンピックだからいいだろう”“だからいいだろう”“だからこう決めるんだよ”とあまりに横柄で。なぜこうまで偉そうになっちゃうんだろう。社会とずれる感覚を打ち立てて物事を進めている。横柄だし、雑だし傲慢」

「そもそもなぜ東京五輪を招致したのか。一番大切なのが、復興だったはずです。スポーツによって、日本を元気に変えよう。日本に大きな災害があって、オリンピックを呼ぶことで復興させられるんだと、最たる手本になる国になる。そのつもりで私もブエノスアイレスでロビー活動をしました。でも蓋を開けたら全然いま違う。復興どころか、どこを見ているんだろう。結局何をやろうとしているんだろうというのが正直あります。どこか不安で、反抗したくなるような、やらなきゃいい、返上すればいいという感情を促してしまう。すごく残念です」

「みなさん、開催するにあたってもっと興味をもってほしい。お金の感覚とか、ものの進め方。東京だけでなく全国にしわ寄せがきますから。無関心であってほしくない。怒るところは怒ってほしい」

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

3S政策(スポーツ・スクリーン・セックス)にまんまとはめられてしまった中高年には、なかなか届きにくい声ですね(中高年の方もだいぶ変わった感じもしますが)。

むしろ、何事にもある程度距離を取れるドライな若い人の方に届く声なのではないでしょうか?

静かに見れるインターハイのほうがよっぽど好き。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    元々、オリンピックは国と国の戦争のかわりにスポーツの勝ち負けで競いましょうが原点だった。
    日常生活が第一に優先で、それで余裕があればスポーツをする。

    日常生活を押しのけてまでオリンピックをするぐらいならば辞退したほうがいい。

  2. 匿名 より:

    オリンピックなんて、大規模な土建屋さんが歓喜するだけ、だな。
    トップクラスの運動してる人が、国などのお金でよい練習できるんだ、な。
    普通の日本人は、テレビでオリンピック観る代わりに、莫大な経費を税金で払わされるんだ、な。見学・観劇の料金としては、高いんじゃないか、な。
    わけの分からない「レガシー」なんてもののために、毎年、高額の維持費を負担し続けるんだ、な。まあ、天下り先には、楽な仕事でいいところだろう、な。
    日本人は、何時まで、踊り続け、お金を無駄に浪費し続けるのだろう。
    そろそろ、目覚めた方が賢明だわ、な。

  3. 匿名 より:

    オリンピックとか万博とか古いんだよ。土建屋のおっさん頭が昭和54年辺りで止まってそう。でもそういう人達が相撲や歌舞伎のタニマチだったりするからね。お金がちゃんと回ればいいんだけど。

  4. 匿名 より:

    旧国立競技場はレガシーじゃなかったんかい。あっという間に壊したね。

  5. 匿名 より:

    運動は自分の金でやれよ。
    人の金国の金あてにするなよな。
    見苦しいぜ。

  6. 匿名 より:

    貧しい弱小国家の選手が成績に関係なく参加・活躍するのは意味があるよ
    でも、一々利権やカネが絡むのが問題なの

    五輪シーズンとして、4年に一度、世界中の「既存の施設」でそれぞれの競技を抽選で行えばいい
    これだと冬季競技も(南半球でやれる)ので夏季競技と一緒にできるし

  7. 匿名 より:

     これ程上手く「今の五輪の立場」を語った人は居なかった。

     五輪を盾に必要以上の高級な競技場はおろか、訳が分からない何も関係無い法律までおっ立ててしまった実情を考えると、本当に五輪を愛している人だからこそおっしゃれる発言なのでしょう。感服しました、マラソンとかスポーツなんかよりもこの発言こそが未来には「金メダル」になって欲しい。

  8. ひょろびり より:

    有森さん、素晴らしい。まさに正論だと思う。中高年の私だが昔からなんで一部のスポーツバカの祭典に巨額の税金がつぎ込まれるのかと腹立たしい思いだった。あげくにオリンピックのためだと新治安維持法までドサクサで成立させてしまった。殺人的な東京の熱地獄での「宴のあと」に後悔で泣き暮らす国民の姿が見えるようです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑