”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【自民が有利】立憲民主党が東京で16選挙区擁立!政治評論家・有馬晴海氏「東京では同党の選挙区での当選は厳しい」

投稿日:2017/10/05/ 11:17 更新日:

立憲民主党、東京に16人擁立で希望と対決 菅元首相、海江田元経産相ら公認
立憲民主党が候補者を増やし、希望の党との対決姿勢を示したことについて、政治評論家の有馬晴海氏は「もちろん希望への腹いせの意味はあるでしょうが、同時に保身のための“人海戦術”とも見ることができます」と分析。「小選挙区に候補がいるといないとでは、その区での比例での得票数が大きく変わる。比例で救われる候補者を1人でも増やし、生き残りを目指すのを考えていると思います」と話した。東京都では同党の選挙区での当選は厳しいとみているという。

一方、共産党東京委員会は発表を受け1、5、6、7、18区で新人候補の擁立を取りやめ、事実上一本化することを決めた。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

希望の党・第1次公認リスト(192人)

▽東京1区=松沢香(新)、同2区=鳩山太郎(新)、同3区=松原仁(前)、同4区=難波美智代(新)、同5区=福田峰之(前)、同6区=植松恵美子(新)、同7区=荒木章博(新)、同8区=木内孝胤(前)、同9区=高松智之(新)、同10区=若狭勝(前)、同11区=宍戸千絵(新)、同14区=矢作麻子(新)、同15区=柿沢未途(前)、同16区=田村謙治(元)、同17区=西田主税(新)、同18区=鴇田敦(新)同19区=佐々木里加(新)、同20区=鹿野晃(新)、同21区=長島昭久(前)、同22区=金ケ崎絵美(新)、同23区=伊藤俊輔(新)、同24区=吉羽美華(新)、同25区=小沢鋭仁(前)

東京は希望の党が強いとは言え新人ばかりだし、都議選よりも風は弱いし、公明・連合はいないので、勝てるとしたら前職の数人でしょう。

そして、民主も共産(東京で強い)と協力したとしても、希望の新人が野党票を食ってしまえば、やはり有利なのは自民党候補になってしまいます。

最終的に高度な政治判断で1~2区でもいいのでお互い引込めれば勝てそうなところを、こっそりと引込めあってくれませんかね。と思ったら民主は民進の前職区にはぶつけてないようですね。

やっぱ東京は自民ですね。共産が取り下げた1、5、6、7、18区に資源を集中するしか手はありませんか。

と有田議員はおっしゃってます。そうなの?

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.