【夢の国でブラック労働】東京ディズニーランド「着ぐるみで腕に激痛」で労災認定!重さ10キロを着て、45分のパレードの間中両手を上げ続けたことも

東京ディズニーランドで労災認定 着ぐるみで腕に激痛
東京ディズニーランド(TDL、千葉県浦安市)でキャラクターの着ぐるみを着てショーやパレードに出演していた契約社員の女性(28)が、腕に激痛が走るなどの疾患を発症したのは過重労働が原因だったとして、船橋労働基準監督署(同船橋市)が労災を認定していたことが分かった。

女性によると、16年11月ごろから左腕が重く感じ、手の震えが止まらなくなったが、休みを取りにくく出演を続けたという。17年1月に入って症状は悪化。左腕をあげると激痛が走り、左手を握っても感覚がなくなったという。病院で診察を受け、神経や血流の障害で痛みが出る「胸郭出口症候群」と診断された。治療のため休職し、しばらくは自由に腕を動かせなかったという。

 雇用契約は1年ごとの更新で、16年11~12月のパレードの出演回数は計50回にのぼった。16年末に出演したクリスマスパレードの衣装は首の動きが制限され、重さが10キロ近くあった。この衣装を着て、1回45分のパレードの間、両手を顔より上にあげているよう指示されていたという。

 2年弱の出演期間中に20~30キロの衣装を着ることもあったといい、首から肩、腕にかけて負荷がかかる業務に継続的に従事したことが発症の原因と認められた。症状は改善しつつあるが、完治はしていない。女性は業務量を減らしての復職を求めている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

これディズニー好きそうな人だけに可哀想だわぁ(復職願いって・・)。

カラダ強い人ならなんてことないのかも知れませんが、「神経や血流の障害」って徐々に症状が進行して、ある日急にということがありますからね。

ディズニーは闇が深いなぁ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    趣味で着ぐるみはもしかすると楽しいかもしれないけど、契約社員とはいえプロの着ぐるみは辛いだけかな。
    しかし… つくづく労働は自分の命を少しずつ差し出して切り売りいている。

  2. 匿名 より:

    着ぐるみを着て、大変な仕事をしてる人たちには敬意を表します。
    でも、それとは別に、私は着ぐるみとハグしたくない。
    子どもにもさせたくない。
    着ぐるみは私にとって、正体不明の他人でしかない。
    こんな私はたぶん「おもしろくない人」なのだと思う。
    生きて行くためには幻想も必要なんだろうな。
    でも、体壊したらもともこも無い。
    企業がそんな幻想を作って利用してるって事に、もう少し気付いて欲しいなと思う。

  3. 匿名 より:

    労災に支えられた、夢のおとぎ話のお国。
    お金さえ払えば、買える夢。

    おとぎ話に隠された、苛酷な労働。
    契約社員に支えられた、おとぎ話。

    本当に楽しい、夢の国、おとぎ話の国。

  4. 匿ちゃん より:

    夢を売る仕事なのに、従事してる人は徐々に病魔と低賃金で夢がもてないだけでなく健康まで蝕まれていく。

  5. あ、あ、あほっちゃう どぉー より:

    偽りの楽園、「中の人」はブラック労働だったとか聞くと
    中学(か高校)のとき読んだ小説「タイム・マシン」を思い出す?

    労働階級の(80万年後の)末裔は、野人みたいな地底人で、
    有閑階級の末裔は、妖精みたいな体つきでイーロイと自称
    (安倍(一族)の末裔は、地底人のさらに地下に住む 最低人で・・・
    って、これは いしいひさいち氏の漫画)

  6. 匿名 より:

    ディズニーがなぜ作られ米国で売れたか。ディズニーがなぜ仏国で嫌われているのか。日本人はディズニーをおとぎ話の様に思っている人が大勢いるが、ディズニーはれっきとしたプロパガンダ企業。その事を知っていて遊びに行くのならば良いが、ただ、かわいい、と連呼するだけでは米国政府にサルと同じと思われてしまう。前回の選挙もそうだが、日本国民は政治と歴史に無関心すぎる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑