【ついに】希望の党の政党支持率が2%に!共産(3%)を下回り維新(2%)と並ぶ!玉木氏「右へ右へ支持を広げたい」

公開日: : 政治経済 ,

立民支持14%、野党で突出 共産3%、希望2%に低迷

日本経済新聞社の世論調査で、立憲民主党の支持率は14%と11月初旬の前回調査と同じで、衆院の野党第1党として勢いを保った。希望の党や日本維新の会など他の野党は3%以下で低迷。野党陣営で立憲民主が一歩抜け出し、他党と開きがある。民進党から分裂した立憲民主、希望などの関係について「ひとつにまとまる必要はない」との回答は61%に達し、再結集は進みにくそうだ。

希望の党・玉木雄一郎代表「右へ右へ」支持を広げたい 改憲議論、自衛隊員の位置づけ考慮を 「飛び道具」頼らない政党に

私たちの役割は、自民党に代わるもう一つの円の中心を作る-つまり政権を担える政党になることです。その意味で、安全保障政策でも「現実主義」に徹する立ち位置はぶれません。例えば政権が代わったからといって、日米同盟の重要性を根っこから変えるべきものではないでしょう。

 立憲民主党が共産党などと野党共闘をするのなら、支持を「左に左に」と広げる立場なのでしょうか。逆に私たちは、これまでなかなか支持を得られなかった「右へ右へ」広げるという立場を取りたい。

 「アンチビジネス」の政党になってもいけません。日本経済を支える産業界や経済界、特に中小・小規模事業者の皆さんの話にも耳を傾けたい。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

希望の党の支持率がいよいよヤバいことになってます。

まあ、小池党ですから小池氏がいなくなれば支持するべきものがないというのは当たり前の話ですけど。

そして、玉木氏のインタビューを読んで、さらにこれでは支持を集めるのは到底無理と確信しました。

玉木氏が本気で支持を得ようとしているのかは不明ですが、上下に分断された格差社会で、今さら「右へ右へ」なんてことを前面に押し出している時点で終わってます。

左・右なんて概念で話してても、もはや誰もついてこないことは、枝野氏が左・右ではなく下から・前へという概念で支持を得たことからも明白です(旧民進・右派の主張する支持層は存在しなかったと)。

さらに、安倍政権下でも憲法議論から逃げないなんて事を言ってますが、安倍政権の政治のやり方(秘密保護法・安保法・共謀罪で強行採決連発・TPP公約破り・選挙前と選挙後に言ってることがまったく違う・モリカケ資料隠し、廃棄)を認めることは、正直、世論の支持は得られないと思います(認められるんだったら安倍政権支持するよね)。

どうも玉木氏の言う事を聞いていると、一昔前の政治家の話を聞いている気がしますし、現実とはかい離した理想論(玉木氏特有の)にしか聞こえません。人がいない所へ、いない所へ、どんどん突っ込んでいってる気がしてなりません(あの維新でさえ、見せかけだけかも知れませんが、選挙後は反安倍政権に舵を切っているのに・・)。

これでは、地方議員が希望の党へ移るということは考えにくいでしょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    野党が右へ右へ行ってもダメなことは、選挙で実証されたと思うんですが…
    分かって無いんですね…玉木ちゃん。(;´д`)トホホ…

  2. 匿名 より:

    右という言葉そのもので 玉木さんから離れます。
    偏見だと言われようがバカだと言われようが。
    「右」にかわる言い回しはできなかったもんですかね?

  3. 匿名 より:

    どっちみち愚民が多いですから何をしても支持は上がらないと思います

  4. 匿名 より:

    小池百合子氏は東京都に専念と言いつつ希望の党の特別顧問でしょ?
    また、嘘ついてんじゃん!!
    こんな党全然ダメだよ!!
    特別顧問の野田数氏も東京都の車付きで、何もしないで高い給与もらってるし、小池氏はいろいろ隠そうとしてるし、意味わからん。
    希望の党も、インチキ都民ファーストも早く亡くなった方が良い。
    議員を職業にする嘘つき集団としか思えない。

  5. 匿名 より:

    自民党が有れば、この党は、無くても良い。
    誰も困らない。この党の、国会議員さんが困るくらいですね。

    もともと、有権者を混乱させることだけが目的で発足した政治屋の集団ですから。
    役割を終えたならば、早く消滅してゆくのが至当です。
    まあ、自然に消えてゆくことになるんでしょ。

  6. 匿名 より:

    自民党も希望の党と同様にいらないな!
    害が大きすぎる。

  7. 匿名 より:

    本当に消えて欲しいけど選挙の時期待してた人たちいたよね。そういう人達がまた助けちゃうんだろうね。

  8. 匿名 より:

    希望の党の支持率

    (季節外れだが)玉が大きくなりすぎた線香花火が頭に浮かんだ

  9. 匿名 より:

    民進党に感じていたダメダメな感じを、希望の党が全部引き受けてくれたようで、ちょっとほっとしている。
    もうあてにならない民進党に期待しなきゃいけない状況はなくなったし、少し警戒しながらも立憲民主党に期待していこうと思う。

  10. 匿名 より:

    >立憲民主党が共産党などと野党共闘をするのなら、支持を「左に左に」と広げる立場なのでしょうか。逆に私たちは、これまでなかなか支持を得られなかった「右へ右へ」広げるという立場を取りたい。

    ナーイスGJ玉ちゃん! 祝!支持率2%って感じかな。
    希望の党がTVでブッ叩かれまくっているのは、野党共闘や再編を考えている人たちにとって、普通に考えて「この状況」はアリだろ。

    現在の状況は、希望2%、民進2%であり、民進の参議院ぎーんが希望に移って行っても意味が無い。
    また、希望から民進に移って行くのは多少変化があるが、焼け石に水。
    ところが、民進から立憲民主に移ると話が違ってくる。
    立憲主義という旗の元に、立憲民主はたった50数名の議員数で支持率19%。
    これが60、70、80と勢力を拡大すると支持率も大きくなっていく。
    なぜか・・・
    世間が求めているのは、右でも左でもなく「異常な格差」を是正してくれ!と求めているのである。
    だから、メディアの情報を鵜呑みにして「右へ右へ」と玉ちゃんがいくら言っても、普通に「右へ右へ」と舵をきっている自民党がいる限り、希望の党が国民から支持を集められることは、絶対に無いのである。
    (さびれた商店街の1店舗VS大型ショッピングモール。と言った感じ)
    なので、希望の党がこのままメディアにサンドバックにされているうちに、希望の党左派議員たちが民進党に亡命し、一時保護を受けて後に民進党議員と一緒にコッソリ立憲民主に合流していけばいいだけの話。
    ん?・・・そういえば、北朝鮮を脱北した兵士のニュースとよく似ているなw

    なので、これからも「敗軍の将」を立派に務め上げてくれよ、玉ちゃん。

  11. 匿名 より:

    経済とは経世済民。国民のために経済はある。企業の役員や株主たちだけのものではない。日本国民の生活が逼迫し、文化的生活が送れないほど困窮している国民が大勢いるのに、アベノミクスは成功で国家公務員の給与を値上げ。今の日本国の企業で潤っているのは政商だけ。まあ希望の党はもともと、米国ジャパンハンドラーによって作られた党だから資本家にすり寄っても驚きませんが、大串派の14名はどうするつもりなのか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑