【日本人休もう】「ロイホ」&「てんや」が元旦休みます宣言!⇒ネット「元旦だけ?」「昔は3が日は当然休みだった」

公開日: : 仕事・労働

「元日は休みます」ロイヤルHDの決定に好意的な声「ちゃんと休むべき」

各メディアが報じているところによると、元日を休みとするのはファミリーレストランの『ロイヤルホスト』、天丼チェーンの『てんや』、そしてステーキチェーンの『カウボーイ家族』。

なお、『ロイヤルホスト』は全国に展開する店舗のうち約9割が、『てんや』は154店舗ある直営店のうち、約8割の店舗で元日が休みとなります。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

僕は中学3年ぐらいから、長いこと元旦も働いてきた人間ですが(笑)、正月休むようになってから&年齢重ねてから、正月働くことの異常性に気がつきました。

まあ、若いうちはいいかも知れませんけど、ある程度の年齢になったら正月ぐらいはゆっくりしたいですよね。

多くの企業がこの流れに続くよう、祈ります。

【おまけ】

子供の頃に百貨店やスーパーに定休日があったのは覚えてますけど、正月は営業してたイメージがあります。

元日営業
1996年にダイエーが大手スーパーで初めて、全国規模で元日営業を開始。伝統的な商慣習や市民生活とのかかわりで注目された。

その後大手を中心に他社でも、元日営業が行われるようになった。

1990年代末以降、大手スーパーや大規模商業施設では元日にも営業をすることが主流ともいえる状況にあり、2010年代になると百貨店にも元日営業を行うところ(そごう・西武)さえ現れるようになった。

しかし、2009年頃から元日営業しても売上がそれほど伸びないことや経費がかかる点、さらに祝日の勤務に伴う従業員の福利厚生を理由に、中小スーパーを中心に元日営業を取り止めるか、縮小する動きが広がってきている

2010年代になると⇒2000年代の間違いでは?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    何かに取り憑かれた様に、働く。
    競争していないと、心が落ち着かない。
    常に、何かを追いかけ、何かから追いかけられる。

    この国は、精神が病んだ国になってしまった。
    富裕層は、それを見て楽しんでいる。新たな、商売のネタにしようとしている。

    すこし、落ち着いて物事を考える時間が必要だ。
    そろそろ、生き物に適した時間の流れを取り戻さなくてはいけない。

  2. 匿名 より:

    どのお店がいつ、どれだけ休んでも全然気にしません。
    自由でいいじゃない。
    正月はテイクアウトだけの営業でもおもしろいかも?

  3. 匿名 より:

    正月だってお盆だってゴールデンウィークだって夏休みだって冬休みだっと土日祝日だって仕事休みましょうよ。平日の9時から17時でいいでしょうよ。みんなで休みましょうよ。

  4. 匿名 より:

    で、こういう時にほかの店は敢えて正月に店を開きがっぽりと儲けると。よく出来てる。

  5. 匿名 より:

    正月にやってる店がなくなるから、お節や餅など保存が効くもので正月を祝うようになったって説もあるよね。

    • 匿名 より:

      おせち料理は正月の間に買い物したり調理したりしなくてもいいように考えられたものと聞いています。

      なぜなら、その間に営業している店がなかったから。

      私は現在50代ですが、子供のころは年中無休のコンビニなどは存在せず、百貨店などは初売りが三日で小さいスーパーなどは七日まで休んでいた記憶があります。

      いずれにしても今では考えられないようなのんびりした時代でした。

    • 匿名 より:

      >正月にやってる店がなくなるから

      「正月にやってる店が、もともと無かったから」の間違いでは?

  6. 匿名 より:

    町に昔ほど人が居ない。休日の日本橋や銀座も歩きやすい。昔お帳場持ってた家庭の人は今では海外でお買い物するんだろうね。帰省も旅行もしない家庭にとってはショッピングモールが開いてればいいんだと思う。

  7. 匿名 より:

    昨今のコンビニ乱立の過当競争になにか嫌なものを感じている。無理やり外国人労働者を入れているような感じもあるし。そういう風潮を抑制できるなら多少不便でもよいことかも知れない。

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑