【京都は3分裂】希望の党が京都で初の地方組織を設立へ!前原氏や山井氏がメンバーに、枝野氏は山井氏にラブコール

【京都は3分裂】希望の党が京都で初の地方組織を設立へ!前原氏や山井氏がメンバーに、枝野氏は山井氏にラブコール

公開日: : 政治経済 , ,

希望の党、京都府連設立へ 泉・前原氏ら、民進は3分裂

希望の党に所属する京都選出の国会議員が、京都府連を設立する方針を13日までに固めた。党国対委員長の泉健太衆院議員(京都3区)が会長に就き、民進党前代表の前原誠司衆院議員(京都2区)を含め計4人が発足メンバーになる。規約などが整い次第、府選挙管理委員会に設立を届け出る。希望では初の地方組織になるとみられる。

民進府連は地方議員が残って存続する一方、民進系国会議員が割れて希望、立憲民主両党の府連組織が発足。京都の民進は3分裂した形となる。
 希望府連には前原、泉両氏のほかに、10月の衆院選に京都5、6区で立候補して落選し、比例近畿で復活当選した井上一徳、山井和則の両衆院議員も所属する。

衆院選で、希望は党公認の5人と無所属で立候補した前原氏を合わせ、実質的に府内全6選挙区に候補を立て、民進府連の選挙支援を受けた。結果、京都1区で新人の嶋村聖子氏、4区で前職の北神圭朗氏が落選。比例票は府内3位の15万1千票だった。民進から分裂し、府内選挙区には候補を立てなかった立憲民主の19万2千票を下回った。
 立憲民主はすでに党幹事長の福山哲郎参院議員(京都選挙区)を会長に、府連を設立している。

希望・地方組織、全県に設けず 衆院選の落選者と意見交換会希望の党の古川元久幹事長は30日、10月の衆院選の落選者との意見交換会で、都道府県連を全国一律に設ける考えはないと明らかにした。「上意下達で、全ての都道府県で地方組織をつくるということはない。一律でなくていい。事情は異なる。地方の皆さんの意思を尊重したい」と述べた。


以下ネットの反応。

なるほど、希望の党は地方組織を全くつくらないというわけではなく、それぞれの地方の事情でということなんですね。

京都には4人も国会議員がいるんだから、組織作らないわけにはいきませんよね。

そして、枝野氏から熱烈ラブコールを送られた山井氏が参加するという展開に。

「そうだ、京都住もう!」と思うぐらいの展開です。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    とりあえず希望京都が数年の内に終焉を迎えることは分かった。言うだけ番長という破壊魔をよくもまあ雇う気になったもんだ。立憲や野党共闘は京都を捨てろ。ここは古都なのに今後ガンガン発言力が無くなって自民に吸収される定めの地域だ。

  2. 匿名 より:

    希望の党が京都で初の地方組織を設立へ!

    もうこの地方組織は徹底的に壊滅するでしょう。
    なんせ組織破壊のスペシャリストである前原が関わっていますから。

  3. 匿名 より:

    うちの町でもいつも民進の街宣車があった駐車場のワゴン車の看板が希望の党に変わっていた。
    希望の党の議員はいないので不思議に思ったけど。

  4. 匿ちゃん より:

    管理人さんの「『そうだ、京都住もう!』と思う展開」ってどういう意味なんでしょうね?確か山井(やまのい)を「戦力的投票」とかで押してましたけど、それと関係あるんかな?(山井が好きで気になってるとかw)

    希望残留が事実なら・・希望移籍は確信犯だったということになります。「希望を中から変える可能性にかける」と考えてるのかな?

    大体、共産党は京都3区補選で泉ケンタと何の合意も無しに、対立候補を立てなかったことが間違いのもと。選りによって泉なんかに・・と思ってる共産支持者は多かったと思う。
    (四党合意を守ったという事だと思うが)

    京都の民進は性質が悪いので、小生は福山がよく「立民」にいったなと思ってるぐらいです。

  5. 匿名 より:

    自民党の防波堤が どんどん出来てゆく
    民主主義の波を 何とか押し返そうと
    京都にも進出してきた
    民主 革新 護憲の 都から 
    連中を追い出さねば

  6. 匿名 より:

    中途半端な対応しかできなかった、元国会対策委員長を入党させては、駄目です。
    変な人たちが集まると、また、党の中を掻き回すだけ。
    民進党が掻き回され、野党全体が分裂、分断の危機に瀕し、立憲民主党を立ち上げた時の気持ちを大切にして下さい。
    信頼できるのは、立憲民主党が立ち上がった時のメンバーです。
    それ以外の人々は、人気商売で、所属事務所を渡り歩いているような芸人と同じです。風向きで、直ぐに事務所を変わります。
    当分の間は、独立独歩の姿勢が大切と思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑