【いいね!】野田聖子総務相が明治維新を礼賛する安倍周辺に苦言「決別しないといけない」「弱者をなくしていく時代をつくる」

公開日: : 政治経済 ,

野田聖子氏「明治維新、決別しないと」政府姿勢を疑問視

野田聖子総務相は15日、金沢市での講演で、明治維新から今年で150年となることに触れ、「明治維新をなぞっても次の日本は描けない。私たちはここで決別しないといけない」と述べた。近代化が進んだ明治時代に学ぼうと150年の記念施策を推進する政府の姿勢を疑問視した格好だ。

野田氏は、現在の高齢化率は明治維新の頃を大幅に上回っており、社会の姿が全く違うと指摘。「あの時は良かったということで、明治維新をもう一度というわけにはいかない」と語った。また、「明治は一握りの強い人が国を支える」社会だったとする一方で、「人が抱えている不自由を取り除くことが、これからの日本にとって極めて重要。弱者をなくしていく時代をつくっていかなければいけない」と強調した。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

総裁選で安倍氏が負けることは残念ながらないでしょうが、できるだけ安倍氏への投票数を削られなければなりません。それが党内政治(改憲発議など)に影響を与えます。

野田・石破を応援。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    弱者を増やす自民党議員が言っても説得力ないですよ
    消費税増税も反対してないじゃないですかこの人

  2. 匿名 より:

    表現規制派の最右翼として安倍の言論弾圧のお先棒を担いでいる奴が何言ってんだか。

  3. 匿名 より:

    複数候補者により、現職総裁を有利にさせる忖度党員だな。
    権力が行う分断工作は、徹底しているな。

  4. 匿名 より:

    野党も知恵絞ってマスコミが取り上げざるを得ない話題提供しなきゃ。自民党は上手い

  5. 匿名 より:

    明治維新こそ諸悪の根源だからな。
    政府は維新150周年とかイカれたイベントをやるらしいが正気の沙汰ではない。
    明治以後に日本がしたことなんか侵略と虐殺強姦掠奪放火くらいで、まさにならず者国家だったわけでね。
    日本帝国に匹敵する犯罪国家はナチスドイツくらいしかないだろう

  6. 匿名 より:

    野田聖子の発言は正論だが、言うだけでなく早く行動を起こしてほしい。

  7. 匿名 より:

    弱者減らす方法
    弱者とみなさない
    以上

  8. 匿名 より:

    >>弱者をなくしていく時代をつくっていかなければいけない

    弱者を排除するって意味かな?

  9. 自公政権じゃ駄目だこりゃ! より:

    現安倍政権が「明治維新」を称揚するのならば、大変有り難い事ではないかと思っています。

    それは「尊皇攘夷」の旗を掲げ、「長州藩」は天皇陛下から自分達の望む内容の詔勅を出させようとして身柄を拘束する為に「御所に大砲を打ち込んだ」り、その為に京都で佐幕派の公家・武士の要人を殺害し捲くるテロ行為をしました。

    また「薩摩藩」は、「幕府との対立」を激化する為に「江戸での庶民を狙った殺戮テロ」を繰り返しました。

    そして「アヘン戦争」で、「アジアでは最大勢力」と目されていた「眠れる獅子の清」が破れても、まるで欧米勢力の手下に成る為に図った様に「下関戦争」「薩英戦争」で負けて「恥を晒し」ても武士としての矜持の「切腹」などもせず、上記の様なテロリストが「欧米の最新式武器」を与えられて倒幕をした事が称揚されるのですから、「当時の下級武士」に相当しそうな「非正規雇用者」「外国人技能実習生」などが各地で「お友達優遇で腐敗したと思しき現政権」に対し、テロをしたり、他国から武器弾薬を与えられて「クーデターを起こす事が肯定される」と言う事なので、格差拡大・固定を嘆く方達はこうした反政府運動に身を投じても「罪を問われない」のでしょう。

    更にそれ以前に欧米文化を取り入れる為に設けられた「韮山・仙台の反射炉」、先端の文化を理解する素養としての「蘭学」、国内で独自に発展をしていた「和算」「測量技術」などの存在は無視され、そうした学問・文化・技術の積み重ねが無くとも、いきなり高度な欧米の近代文明を理解できる特殊な人種であるならば、「そこらの小学生」を明日にでも「IPS細胞研究所の主任」にしても立派な業績が上げられるでしょう。

    とても「輝かしい未来」「美しい国」が出来そうで、わくわくしてしまいます。w

  10. 匿名 より:

    権威と権力を一カ所に集中させたのが、明治維新。明治以前は権力と権威は明確に別れたいた。明治、大正、昭和初期は、日本の歴史でも異常な時代。政治の力学で人間が神になった時代は、この時代だけ。明治維新は仏国が幕府の後ろ盾、英国が薩長の後ろ盾という、欧州から見たらいわば代理戦争。その中で、関ヶ原の合戦以来の恨みを晴らすべく、幕府の弱腰と権力の弱体化を実感した薩長が、倒幕の旗を上げた。しかし世間体よろしく、戦には大儀が必要だと考えた薩長は、天皇を利用して、攘夷(じょうい)、を標榜し、尊皇(そんのう)と言いながら公武合体の共和制を唱える孝明天皇をないがしろにして、鳥羽伏見の合戦以降、しなくても良い戦を、恨みをはらすために、そして徳川家を潰すために行った。この時に使用された武器弾薬は、米国から購入している。この時代のアジアは、欧米列強による植民地化が進んでおり、日本国もいつ攻め込まれるか時間の問題であったのは事実だが、日本国には武士という陸戦専門要員が全国に独立的に存在していたために、欧米は戦闘による上陸占領を諦め、どちらかの政権に味方をして漁夫の利を得て間接的に日本国を支配する、という計画を練る。坂本龍馬などの20歳代の脱藩浪人が、今の金額で100億円近い武器取引をしている事実を見ても、欧米が日本国の内乱を願い煽っていたのは明白であり、英国、仏国、米国の後ろ盾と協力がなければ、維新は成立していない可能性もある。日本国にとって運が良かったのは、この時期に、米国では南北戦争が起き日本どころではなくなった事、欧州ではドイツ帝国が著しく勃興してボーア戦争が起き、この対処のために英国も仏国も表立って日本国と争う関係になれなくなった事が重なった事だ。その証拠に維新後日本国は、日英同盟、日仏協商、ロシア協約と同盟関係を矢継ぎ早に結んでいる。この結末が第一次世界大戦に繋がる訳だが、明治維新は諸外国による外圧と薩長の昔年の恨みが重なって起こった下克上と言ってよく、薩長による日本国占領行動と言ってよい。日本の歴史では、世が乱れた時に人物が立ち上がり、戦をして勝ち、幕府を開く事により戦争を無くして平和な世を作る事を繰り返してきたが、明治以降は、平和を作るための戦争ではなく、他国の領土と物資を奪うための戦争に明け暮れ、平和とはほど遠い政治が薩長によって行われてきた。
    褒めるとすれば、明治維新以降の日本国民は、進取の気鋭に富み、諸外国を見て回り、益になる文物を積極的に取り入れた事は非常に評価できる。ただ和魂洋才、五族共和を唱えながら、和を否定破壊し、二十一箇条の要求を始め、アジアを植民地とした事はまったく評価できない。時代がそうだから、欧米がそうするから日本もした、という理屈は屁理屈で、相手が泥棒をするから自分も泥棒をするのだ、と言っているのと同じ。明治以降から昭和初期の時代の日本は、日本国の永い歴史から見れば、極めて特殊な時代であり、この時代を基本にしたり賛美することは危険で異常。安倍晋三は長州だから、昔の特権を今また、と思っているのかもしれないが、薩長以外からみれば、寝言は寝て言え、のレベル。幼稚園児にも劣るタワごと。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑