”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【速報値】GDP4月~6月マイナス1.6%「個人消費」「輸出」が落ち込む:でも甘利大臣は「景気は回復傾向」

投稿日:2015/08/17/ 10:00 更新日:

gcggvvgggg
gcggvvgggggg

ことし4月から6月までのGDP=国内総生産は、個人消費や輸出が落ち込んだことなどから、前の3か月と比べて実質でマイナス0.4%、年率に換算してマイナス1.6%と3期ぶりにマイナスとなりました。

スポンサーリンク

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HKZ_X10C15A8000000/
1~3月期(年率換算で4.5%増)から一転マイナス成長となった。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150817/k10010192711000.html
主な項目では、GDPの過半を占める「個人消費」は、食料品や日用品の相次ぐ値上げなどを背景に消費が落ち込み、0.8%のマイナス、「企業の設備投資」も0.1%のマイナスとなりました。
また、「外需」も中国経済の減速などで輸出が落ち込んだ影響で、GDPを0.3ポイント押し下げました。
一方、「住宅投資」は1.9%のプラスでした。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NSL8BX6KLVRA01.html
政府は7月の月例経済報告で、「緩やかな回復基調が続いている」として、景気の基調判断を4カ月連続で据え置いた。生産については「このところ横ばいになっている」として、前月の「持ち直している」から判断を引き下げた。GDPがマイナスになったことで、景気が踊り場にあることがあらためて裏付けられた。

日銀は7月15日に公表した経済・物価情勢の展望(展望リポート)の中間評価で、2015年度の実質GDP成長率の見通し(政策委員の中央値)を前年度比2.0%増から1.7%増に下方修正した。15年度の成長率はこれで2回連続の下方修正となった。4-6月期のマイナス成長を受けて、日銀は3回連続で下方修正する可能性もある。

GDP1.6%マイナスでも、甘利大臣「景気は回復傾向」(15/08/17)


GDP年率-1.6%、3四半期ぶりマイナス成長

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

給料が上がらない中、日用品の値段は上がり続けてますから個人消費が落ち込むのは当然です。最近はホントに食料品が高くなったと感じます。

そして、中国経済はヤバいですから輸出が回復する気配はありません。

そんな中先日政府が出した「経済財政白書」では、「四半世紀ぶりの成果と再生する日本経済」なんてサブタイトルつけてるんですから、いかに政府が嘘つきかよくわかります。

【アベノミクス成功?】2015年経済財政白書の副題は「四半世紀ぶりの成果と再生する日本経済」

今のところ株価にはそれほど影響がないらしいですが、中国経済がヤバいという事に加え、日本経済の失速が露わになったのですから心配です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.