【1984年的】安倍内閣が「戦闘とは戦闘行為のことではない」と閣議決定

【1984年的】安倍内閣が「戦闘とは戦闘行為のことではない」と閣議決定

公開日: : 政治経済 ,

日報の「戦闘」、法的な「戦闘行為」でない 政府答弁書

日報の記述については、昨年7月の衆院予算委員会でも、安倍晋三首相が「(憲法の要請との関係で)定義を決めている戦闘行為とは違う意味で、一般的、いわば国語辞典的な意味での戦闘という言葉を使う、これはあり得る」と答弁していた。

 今回の答弁書は、「国語辞典的な意味での戦闘」について、自衛隊法などで「国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為」と定義する「戦闘行為」とは異なるものとした。


以下ネットの反応。

 

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    いったい日本語って何だろう? 戦闘=戦闘行為じゃないなら、何を以って『戦闘』になるのだ? デタラメ答弁辻褄合わせの後だしデタラメを被せるわけか。

    こんな馬鹿どもを政権に居座らせる限り、でんでん一味のみならず日本国民も世界中から異常者扱いされるってのをいつになったら感じることができるのやら。

    • 匿名 より:

       よみ:バカのしゅうごうたい

       漢字:自公閣議決定

    • 匿名 より:

       よみ:てんのうもこんなのにつきあわされてかわいそう

       漢字:安倍内閣

      • 匿名 より:

         もう既に「安倍政権退陣時のお祝いコメント」はもう構想を随分練ってあるのだけど、一向にそれを向かえないなあ。

         「名探偵コナン最終回の構想は連載開始間もなくの20年前からもう既にあった」そうだけど、もしかしてそれをも抜かれるほど遅くなるんだろうか?

         でもまさかそんなの以前に、朝鮮半島和平締結なんて事はユメユメ考えてもみなかったな。平昌冬季五輪の南北合同チームの時でもメダル勘定しか眼中に無しで誰も決して言わなかった話だしな。恐れ入りました韓国人の皆さん。その人間性に対して完全に降伏ですよ。

    • 匿名 より:

       よみ:しななきゃなおらない

       漢字:安倍晋三

    • 匿名 より:

      何で大喜利コーナーになってんだ?(笑)

      • 匿名 より:

        歌丸リタイア&圓楽不祥事で負傷

        私がやらねばだれがやるのか?

        よみ:じきゅういくら?

        漢字じゃない:ウヨウヨウヨ

  2. 匿名 より:

    日本は公文書を改ざんする捏造隠蔽国家ですからね

  3. 匿ちゃん より:

    もう無茶苦茶やな・・
    頭がクラクラする・・

  4. 匿名 より:

    日本はすでにディストピアなんですよ。

    • 匿名 より:

      そのディストピアに暮らす子どもが憐れだよ。
      おかしいという人の声はどんどんかき消されて選ぶことにできない子どもが辛い目に遭うのだから。
      ・・・・と思ったけどその子どもがまた同じようなことを繰り返すように教育してるからこそのディストピアなんだよね。

      • 匿名 より:

        どことな~~~く、戦前戦中の報道の仕方と国民の意識がこんな感じだったんかな―、という風に最近思えてきた。
        新聞テレビの言うがままに流されて、世界情勢がまったく見えなくっても無関心。学校教育も「自分で考えることを奪う」が如く、こんなことまで明記してんのか? ってくらいの決め事細分化。何でこんなに宿題が多いんだ? と聞いたら宿題を出さないと勉強しないからだという体たらく。そりゃ学力も凋落の一途を辿って理解力が欠落し、言われるままの人間は増加の一途を辿るわな。

        確実に戦前回帰が進んでるんだけど国民の大半は自分で考えないからその流れに乗せられてることすら気づかず、同調していく始末。なんせ、この期に及んで73年前の日本人と今の自分たちは違うと
        思い込んでいる馬鹿ばかり。
        73年前の日本がどうだったかすら他人事なのだろう。

        米朝会談が決裂することを密かに期待している日本人は多いようだが、俺はうまく行くことを願う数少ない側なのかもしれない。

        • 匿名 より:

          あえて戦前回帰との相違点を指摘するとすれば、戦前は自国の財閥を設けさせるため海外への領土拡張で異民族を無理やり日本人にしてしまったが、今の政府がやっていることは外資を儲けさせるために外国人を自国に引き入れようとしていること位ですね。

  5. 匿名 より:

    小泉政権発足からもう腐ってたって事だね

  6. 匿名 より:

    どうしてこの当時、稲田のこの発言が徹底的に追及されなかったのか、今でも謎なのです。
    それでいて、「自衛隊のために」と9条に自衛隊明記に賛成する人が多い。
    日本は本当に不思議の国であります。

  7. 匿名 より:

    そういえばミサイルは武器でないという発言も自民党からあったな。嘘つきの集まりが自民党。これでは自民党の仲間同士でも意思疎通はもはや不可能だ。政権担当能力はゼロである。

  8. 匿名 より:

    自分たちが正しいっていうためには
    なんだってするなあ、もう。
    「戦闘」「ミサイル」「私人」・・安倍内閣の世界では違うのですねぇ。
    この先、公務で亡くなった自衛隊員はいるけど戦死じゃないとかもアリだな。

    「安倍辞典」を刊行してもらって翻訳してからでないと
    会話も成り立たない内閣。こりゃもう政治ですらない感じ。
    小説の中のカルト集団みたい。
    フィクションの中に生きるゾンビ集団、現実に対応できない日本の政治。

    • 匿名 より:

      それが、ノンフィクションの世界の出来事ってんだから始末に負えない。
      でも、それが分かっていながら観客になってる(=他人事)国民も多い。惰性と棄権で選んだのがお前らだぞ、と思うのだが。

  9. 匿名 より:

    ヒゲ茶瓶の右翼馬鹿阿呆の安倍子分は日本の大恥
    こいつのせいで自衛隊員が何人死んだか・・・・

  10. 匿名 より:

    安部政権支持者の実態についてはいろいろ憶測されているが、自覚的な民族主義者でないことは間違いない。民族主義者が国家戦略特区や移民政策推進に賛成することはあり得ないからだ。
    日本会議もTPP賛成なので、少なくとも意思決定をしている上層部は民族主義者ではない。確信犯の擬装保守か、政治のことがよくわからない愚者であろう。
    あとはそのような指導部によく考えずに追随している構成員たちと、ほかは政治思想のためでなく仕事で支持者をやっている人たちだろう。そして、世論調査自体が実は世論操作である可能性もある。このような政府なのだから選挙についても多かれ少なかれ不正が行われているとみて間違いない。
    だから、日本人全般が安倍政権になって急に右傾化したと解釈すると間違った判断に導かれることになる。

  11. 匿名 より:

    >大臣、副大臣、政務官(政務三役)の経験者が、在任中に公用アカウントの電子メールをほとんど使わず、私用アカウントのメールや無料通信アプリ「LINE(ライン)」を業務に使っていた

     LINEの親会社は韓国、ネトウヨが叩くには格好の標的だったはず。

     これって…前の都知事選挙に出馬した極右候補者が韓中批判していた時に着ていた中国製品シャツとまったく同じ。

  12. 匿名 より:

    これじゃ日報が出てきても何も検証できない。
    というか検証する気が無いということじゃないか。
    隠蔽がまだ続いてるようなものだ。

  13. 匿名 より:

     議会ごっこなんかしてんじゃねえ!!

     小1国語ドリルからやり直せ、ばか!!!

  14. 匿名 より:

    マジでこのサイトは削除の早さ半端ない!

    また削除されました

    阿修羅に投稿したから読んで!

    ろくさん探してねぇー

  15. 匿名 より:

    そんないい加減でいいなら言葉通りに扱ってやらなくても、総理も総理じゃないって事で良いよなぁ。

  16. 匿名 より:

    閣議決定すれば何でも通るという幼児内閣

  17. 匿名 より:

    安倍が国会で間違った日本語を
    福島みずほに教授したら
    あとでそれを正当化する閣議決定をした

    安倍の尻拭いのために
    公文書が改竄されて一年間以上も
    でたらめ国会が運営されてきた

    それに比べれば
    大したこと

    あるだろ

  18. 匿名 より:

    もう日本会議界隈の論理で国が破壊されそうですね。
    整形稲田もみぞうゆうアホウもでんでんも宗教のために政治をしているとしか言い様がないわ。
    あほんだらども消えてくれい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑