”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【日経 調査報道】首都圏で特別養護老人ホームに6000人分の空き、介護人材の不足で受け入れを抑制する施設が増加、国や自治体は施設拡充に動くが、無駄なハコモノが増えていく

投稿日:

足りない特養 実際には空き 首都圏、待機者の1割6000人分 人材不足で入所困難

高齢化に伴う需要増に逆らうように介護施設の空きが目立ってきた。日本経済新聞が首都圏の特別養護老人ホーム(特養)=総合2面きょうのことば=の入所状況を調べたところ、待機者の1割に相当する約6千人分のベッドが空いていた。

介護人材の不足で受け入れを抑制する施設が増え、有料老人ホームなど民間との競合も激しい。国や自治体は施設拡充に動くが、需給のミスマッチを解消しなければ無駄なハコモノが増えていく。

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設(かいごろうじんふくししせつ)とは、介護保険法に基づいて介護保険が適用される介護サービスを手掛ける施設である。これらの施設は老人福祉法第11条に基づく市町村による入所措置の対象施設となっており、その文脈では特別養護老人ホーム(通称:特養)と呼ばれる。

基本的に、要介護3から5のいずれかの要介護認定を受けている人が対象となる。これら施設入所者の97.2%は認知症を持っており、さらに61.7%は寝たきり状態である[2]。平均在所日数は1405.1日であった(2013年)[2]。

慢性的に供給不足となっており、2014年では入所申込者(待機者)は52.4万人、うち要介護4-5は8.7万人であった[3]。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

https://twitter.com/nkinvestigation
日本経済新聞の調査報道にかかわる公式アカウントです。政府や自治体、企業が明らかにしていない重要事実を独自取材で掘り起こし、お伝えしていきます。

健康Mr.K
まずは介護士の待遇改善してみよう。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-社会保障
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.