”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【最低厚労省】厚生労働省が”ようやく”子宮頸がんワクチン接種の被害者救済へ

投稿日:

20140227160101koserousyou01

子宮頸がんワクチンを接種したあと原因不明の体の痛みなどを訴え、症状が回復していない患者がおよそ200人いることが、厚生労働省の調査で初めて分かりました。結果を受けて厚生労働省は近く、医療費などの給付に向けた審査を始め、接種との因果関係が否定できない場合は救済する方針を固めました。

スポンサーリンク

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150905/k10010216931000.html

子宮頸がんワクチンは子宮の入り口にできるがんを予防する効果が期待されるとして、国内では6年前から接種が始まりました。おととし4月には、小学6年生から高校1年生までの女子を対象に、国と自治体が費用を負担する「定期接種」に追加され、これまでにおよそ340万人が受けたと推定されています。

しかし、接種のあと原因不明の体の痛みを訴える患者が相次いだため、厚生労働省はおととし6月、積極的な接種の呼びかけを中止し、何らかの症状が出たおよそ2600人を対象に医療機関などを通じて追跡調査を行いました。

その結果、痛みの症状が残っていた患者や全く回復していなかった患者が、合わせておよそ200人いることが初めて分かりました。中には歩けなくなり、学校に通えなくなった人もいるということです。

子宮頸がんワクチンを接種し、こうした症状を訴えた患者について、厚生労働省はこれまで実態が明らかになっていないとして、救済を行っていませんでしたが、調査結果を受けて近く、医療費や障害年金の給付に向けた審査を始め、接種との因果関係が否定できない場合は救済する方針を固めました。

子宮頸がんワクチンを接種し、現在も歩行障害などに苦しんでいる高校2年の女子生徒の母親で、「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」の松藤美香代表は「救済の申請をしても審査が進まない状況だったので、救済に向け動き出したことに期待している。その一方で、治療法の解明は進んでいないので対策を急いでほしい」と話しています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

【これも米国からの指令】日本産科婦人科学会が子宮けいがんワクチン早期再開を呼びかけ

【子宮頸がんワクチンと症状に因果関係の根拠ない】さいたま医療センター産婦人科の今野良教授談

厚生労働省の調査で初めて分かりました。

これまで子宮頸がんワクチンの被害者の方々がいくら厚生労働省に働きかけても、厚生労働省はまったく耳を傾けず調査をしませんでした。そりゃ調査しないんだからわかるのも初めてになるわな。

NHKもいい加減にしとかんといかんよ。公共放送・国民のための放送だったら見出しはこれでしょ「厚生労働省が”ようやく”子宮頸がんワクチン接種の被害者救済へ」。

厚生労働省があまりにも動かないために、独自に地方自治体が救済に動いた例がいくつもあります。

そして、恐ろしいのがこんな原因・因果関係もわかっていない状態で、「日本産科婦人科学会が子宮けいがんワクチン早期再開を呼びかけ」を行っていることです。これって国家ぐるみの犯罪じゃないですか?国の言う事を真に受けていたら、間違いなくやられます。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-健康被害, 医療・病気関連ニュース
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.