”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【怒】イージス白紙撤回、安倍政権の対米追従で196億円が水の泡(東京新聞)河野氏は自民党の会合で涙ぐみ謝罪‥(唖然)

投稿日:

イージス白紙撤回 安倍政権の対米追従で196億円が水の泡

地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の断念で、安倍晋三首相がトランプ米大統領からの米国製兵器の購入拡大要求に応じた政治主導の弊害があらわになった。性能への疑問が浮上していたにもかかわらず、配備計画を強行した。既に196億円を支出。うち125億円は米国に支払われ、追加負担の可能性もある。予定地だった秋田、山口両県には不信感が残った。(上野実輝彦、山口哲人)

「これはもう、日本側の負担だ」。河野太郎防衛相は26日の記者会見で、地上イージスに投じた196億円は戻ってこないことを認めた。125億円は情報取得費などとして米国に支払い、残る71億円は米国から輸入するレーダーや国内の地質調査費、基本設計費に支出した。

◆違約金が発生するかも…危機感

 新たな負担の可能性もある。防衛省当局者によると、契約書にあたるFMSの標準約款に「購入国は解約に起因する全ての費用に責任を負う」とあるからだ。地上イージスの契約解除で日本がいくら負担するかは「個別に協議する」(防衛省当局者)ことになる。

背景にあるのは、トランプ氏との関係を重視するあまり、自衛隊のニーズや配備候補地の住民らへの対応を後回しにした安倍政権のやり方だ。断念の理由となった迎撃ミサイルのブースター(推進装置)の落下位置も「米国が大丈夫というなら信じるしかなかった」(別の防衛相経験者)。

 政府は米国の言い分通りに説明し、結果的に地元を振り回した。秋田県の佐竹敬久知事は「(導入を閣議決定してからの)2年半は何だったのだろうか」と政府への不信感を隠さない。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
国民の税金を一体何だと思っているのでしょうか。しかも謝罪したのは、秋田・山口・落選した自民党議員。真っ先に国民に「196億無駄にしてすみませんでした」と謝罪せんかいという話ですよね。感覚がおかしすぎます。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-,

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.