”本当に”健康になるためにシンクタンクとして提言します。

健康になるためのブログ🐾

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

【未だに解除後の対策(徹底検査でゼロコロナ)を論じず、解除後は放置でまた増加が前提】読売記事「東京の感染者「1日500人」で宣言解除したら…専門家「すぐに再拡大」」

投稿日:

東京の感染者「1日500人」で宣言解除したら…専門家「すぐに再拡大」

東京の場合、新規感染者数がステージ3となるのは、1日500人を下回る場合だ。ただ、政府分科会などに資料を提供する東京大の仲田泰祐准教授と藤井大輔特任講師が、感染状況を予測する数理モデルを使って行った推計では、2月中旬の「1日平均500人」で宣言を解除した場合、すぐに増加ペースは上がり、約2か月後の4月上旬には1000人を超える。

 一方、「1日平均250人」の場合は、3月上旬が解除時期となる。2月中旬に医療従事者から始まるワクチン接種の効果などもあり、解除後の感染者の増加ペースは緩やかになる。再び1000人に達するのは、約3か月後の6月中旬だ。経済的損失も「500人」に比べ少なくなるという。

 解除基準を低くすると、増加ペースはさらに抑えられる。「1日平均100人」では、4月上旬に宣言が解除され、その後は4か月以上、500人を超えずに推移するという。仲田准教授は「解除までの期間が長くなれば経済的損失は大きくなるが、新規感染者を十分に減らさないと、再び宣言を発令せざるをえない状況となる可能性が高まる」と強調する。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

健康Mr.K
いつまで「解除後は無策で自然増加を放置」という前提で話を続けるつもりなのでしょうか。そんな前提でやってたら、感染者数を減少させている間にトンデモナイ経済的ダメージくらって、また数か月で宣言or補償なき自粛の無限ループになり(ワクチンも効果あるのか不明(変異株関連含む)&いつ供給されるのかも不明)、日本超完全終了になります。

こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、「健康になるためのブログ」の最新記事が届きます。ぜひ、登録お願いします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

関連記事

「健ブロ」をシェア・拡散して健康な社会を取り戻そう!

-医療・病気関連ニュース
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.