”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【作られた公務執行妨害】辺野古で機動隊に逮捕された男性は即時釈放されていた!真実を追究する報道・市民の監視の勝利!

投稿日:

15-11-05-05

スポンサーリンク

https://www.facebook.com/shunji.miyake.1/posts/860946690670020

辺野古不当逮捕 に対して、那覇簡易裁判所は、勾留請求を却下。検察官 準抗告もできず、釈放されました。

 作られた公務執行妨害罪・・・は、裁判所に見ぬかれ、勾留請求は却下され、検察官も、不当勾留の継続をあきらめました。

 前回は、簡易裁判所は勾留請求を却下しましたが、検察官の準抗告を受けて、地裁裁判官がこれを取消、長期の勾留がなされてしまいました。

 簡易裁判所裁判官の人権感覚が、地裁裁判官を、はるかに上回っていることがこれをみても明らかだと思います。上ばかりを見ている地裁裁判官と、生活感のある簡易裁判所の裁判官の違いを感じます。

琉球新報、琉球朝日放送など、市民の監視とともに、報道の真実を見る目が、不当弾圧を跳ね返したと思います。
 真実を追究する報道の自由がいかに大切か、明らかにした場面でした。

 大手報道機関が、権力に忠誠を誓う中で、市民の立場にたつ報道こそ、人権と自由と正義を守る担い手としての報道の使命を実現するものだと証明した場面でもあります。

 警視庁沖縄上陸第1日目に作り上げようとした、「作られた公務執行妨害」・・・「転び公妨」は、報道、市民の監視の下で、見事に打ち破られてしまいました。
 
 国、そして警視庁、沖縄で、東京と同じ たちの悪い弾圧ができると思うなよ。 

警視庁機動隊投入 背後から隊員の手 逮捕男性、直後にバランス崩す


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

琉球新報、琉球朝日放送など、市民の監視とともに、報道の真実を見る目が、不当弾圧を跳ね返したと思います。真実を追究する報道の自由がいかに大切か、明らかにした場面でした。

 大手報道機関が、権力に忠誠を誓う中で、市民の立場にたつ報道こそ、人権と自由と正義を守る担い手としての報道の使命を実現するものだと証明した場面でもあります。

 警視庁沖縄上陸第1日目に作り上げようとした、「作られた公務執行妨害」・・・「転び公妨」は、報道、市民の監視の下で、見事に打ち破られてしまいました。

視聴者の映像提供があり、それをしっかりと報道するメディアがあってこその今回の即時釈放につながったのだと思います。

ホントに大手メディアは沖縄メディアを見習って欲しいものですね。そして、市民の監視・関心がいかに重要かということも言えるかと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.