日本でテロの危険性は?場所は?専門家は「東京駅・伊勢志摩サミット・東京五輪・イベント会場」などが危険と指摘

公開日: : 政治経済

blog-TE2-1

スポンサーリンク

http://dot.asahi.com/wa/2015111700109.html?page=2

中東現代史が専門の臼杵陽・日本女子大学教授は、こう話す。

「島国で逃げにくく、銃規制のある日本は、武器の調達の面からして上陸のハードルは高い。だが、爆弾テロの可能性はゼロではないでしょう」

 中東情勢に詳しいインスペックス特別顧問の畑中美樹氏もこう指摘する。

「可能性は低いでしょうが、ISに対する『有志連合』に入っているのでないとは言い切れません」

安倍首相のこうした姿勢は「介入しすぎだ」と忠告する。

「このような発言は、『日本国民はテロに備えている』というメッセージを伝えることと同じです。しかし、現実には日本は備えられていません」

「日本でやるなら、東京駅でしょう。2020年開催の東京五輪も狙われます」

 今回、パリでテロが起きたのもG20の前で、有志連合に打撃を与えることができたと分析され、テロはメッセージ性を持たせることが多いという。

来年には三重県の伊勢志摩でサミットがある。前出の大泉教授は、テロへの備えが脆弱なのは新幹線だと警告する。

http://www.news-postseven.com/archives/20151117_364823.html?PAGE=1#container

大泉:安倍首相の中東訪問によるイスラム国対策費の支援表明に続き、湯川さん、後藤さんが殺害された後に「テロには屈しない」というメッセージを世界中に発信したことで、日本人が過激派テロ組織に命を狙われる危険レベルは、欧米人と何ら変わらなくなっています。

 イスラム国は中東地域にいる日本人のみならず、インドネシアやマレーシアなどイスラム教徒が多い国の支持者を使い、日本の大使館を攻撃するよう呼びかけているとの報道もありました。東南アジアは日本からの進出企業も多く、家族とともに暮らす駐在員もたくさんいます。そういう意味では日本人が標的になる危険性は世界中に広がりつつあります。

大泉:そうです。テロ集団は一人でも多くの被害を与えることが目的なので、人口密集地を狙う。日本でいえば首都の東京です。また、劇場やホールなど「密室」で大人数が集まるところは、昔からテロの標的になりやすい場所と言われています。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

ツイートで紹介した想田監督の言葉は重く受け止めなければなりません。我々は今回のテロも他人事としてしか捉えられませんが(特に日本の報道などでは)、自分たちが攻撃された時のことを想定しておかなければなりません。安倍総理の発言によって、その危険性は格段に高まっていますので。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑