【油を制する者は健康を制する】生活習慣病には「サラダ油」が一番危険!

cfad01b63ab15a05fd57eb5350ad20ce

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50458
「動物性脂肪を減らして植物油を使うとよい、というのは過去の医療界の常識でした。『リノール酸は必須脂肪酸であり、体によい』と、サラダ油などの植物油メーカーは、リノール酸を豊富に含むことを声高に喧伝してきました。

しかし実は、サラダ油に含まれるこのリノール酸の過剰摂取こそが、心筋梗塞やアトピーをはじめとするアレルギー症状、うつ病、さらにはがんなど様々な病気を引き起こす原因となっているのです」

「植物油に多く含まれるオメガ6脂肪酸(リノール酸やアラキドン酸)などを過剰に摂取していると、体内に炎症が不必要に起きます。そのため高血圧症や糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病も起こりやすくなる。

また、オメガ6脂肪酸には血液を凝固させる作用があるので、血液がドロドロになり、血管内に血の塊(血栓)ができ、心筋梗塞や脳卒中を起こす危険性が高まります」

なぜならサラダ油は、市販の菓子パン、スナック菓子、インスタントラーメン、ケーキなど様々な加工食品に含まれているからだ。

「たとえばコーヒーフレッシュがそうです。あれはミルクではありません。植物油と添加物でできた加工食品です。ですから安価で腐ることもなく、長期保存も可能なのです。ホイップクリームも同様。箱の原材料表示にはしっかりと『植物油脂』と書かれています。

また市販のラクトアイスに含まれる植物性のパーム油には『BHA』や『3-MCP』など発がん性のある酸化防止剤が入っているので、摂らないに越したことはありません」

植物油を固形にするため水素添加する際に発生するのがトランス脂肪酸である。心筋梗塞などのリスクが上昇するため、海外では禁止の方向に進んでいる。

2年間、車の中に放置されていたフライドポテトが、見た目には何の変化もなかったという例もあるように、トランス脂肪酸は分解されにくく、腐りにくい。そのため別名「食べるプラスチック」とも呼ばれている。

「こうしたトランス脂肪酸が腸に入ってくると、消化ができず、ダメージが蓄積されます。そうすると腸粘膜に細かな穴があく『リーキーガット症候群』を起こします。この症状を抱える人が今、増えている」

ただ誤解してはいけないのは、「油をやめてノンオイルの生活に変えればいい」というわけではない。油は人間の体を作る上で欠かせない栄養素である。そのため、極端に油をカットすれば健康に悪影響が出る危険性があるのだ。

「油は体内でエネルギー源となるだけでなく、細胞を保護し、脳や全身の神経、ホルモンの働きもサポートする。油に悪いイメージを持っている人もいますが、神経細胞をスムーズに動かすには、油が必要不可欠なんです」

「オメガ6の量が増えると、がん細胞の発生数が異常に増え、免疫細胞が排除しきれません。生き延びたがん細胞は、長い期間をかけて腫瘍へと成長していきます。

反対にオメガ3を毎日摂っておくと、体内の炎症が抑えられ、血流がよくなり、免疫機能も活性化する。一日大さじ1杯の亜麻仁油が、がんや心臓疾患を防ぐのです」

さらに「魚油」と呼ばれるイワシやサバなどの魚の油もEPAやDHAなどのオメガ3が豊富で、サプリメントとしても販売されている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。


藤田紘一郎
感染免疫学・寄生虫学の視点から公衆衛生についての執筆多数。特に寄生虫関連の一般書で広く知られるようになった。また、花粉症の原因を寄生虫を撲滅しすぎたためとする自説でも知られる。自らの腸内で15年間6代にわたり条虫(サナダムシ)を飼育していたという。

記事読んでて思い出しましたが、僕はこの人の本をたくさん読み、かなり影響されてるんですね(笑)。僕も油はかなり試しましたが(「もこみちオリーブオイル」も買った)、やっぱり魚から摂取するオメガ3(炎症を抑える)が一番重要なんじゃないかと体感してます(えごま油も買って飲んでましたが、高い割にはと感じました)。

「植物油(オメガ6)(炎症を進める)」は悪い油ではないんですが、現代日本人は過剰摂取しすぎてるから、いろんな生活習慣病になるというのは、かなり納得がいく考えなんですよね。

幸いにして大きな病気をしたことがない僕ですが、食生活がメチャクチャだったころは「肌荒れ・炎症・かゆみ」なんかはけっこうあったんです。冬になれば乾燥して手荒れ・足のかゆみとかありました。でも食生活改善して、今は、そういった肌トラブルも一切なくなりました(かなり驚き)。

今は「菓子パン、スナック菓子、インスタントラーメン、ケーキ」などをたま~に食べると、胃腸が動かなくなり、気持ち悪くなり、お腹が張り、まったく空腹感を感じなくなります。

キレイな油の写真を見て惹かれる人は、おそらく体が良い油を欲していると思います。天然の青魚(さば・あじ・いわし・鮭・はまち・ぶり・まぐろ・かつおなど)をとにかくたくさん食べてください(できれば刺身で)。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    アレルギー体質の人間にとっちゃ基本中の基本ですな
    元々油料理好きでないんですけど
    使っても、菜種油かオリーブ油

    昔イタリア旅行した時、現地の人がオリーブ油をソースのように使ってるのを見て衝撃を受けたが、本当のオリーブ油ってギトギトした油っぽさはないんですよね
    日本ではオリーブ油と称して紛い物が出回ってるので注意
    紛い物はモロ、サラダ油なみたいなベトベト感と臭いがする

  2. 匿名 より:

    >2年間、車の中に放置されていたフライドポテトが、見た目には何の変化もなかった
     芋の味も匂いもせず、ガムみたいな歯ごたえのポテトってこういうことなんですね。
     一時期、食品加工や外食企業の「そんなもん自分や家族に食わせられるのか?」って事件が相次ぎましたが、こういう類の「公然の秘密」が背景にあるんでしょうね。

     EPAのサプリが食道にひっかかると、「天然青魚由来うんぬん」を実感する匂いの逆流があります(^^;; 食事中の人、ごめんなさい

  3. 匿名 より:

    そうしたくても実質賃金が上がらない限り無理です

  4. かじさん より:

    数ヶ月ほど刑務所暮らしすると、成人病の根源が油だと実感できます。

  5. 匿名 より:

    結局は、できるだけ手づくりで、食べ過ぎず、バランスよくということになるんでしょうか。

    以前はお魚をよく買ってましたが、今は放射線残留が怖くて、基本食べれなくなりました。外国産の表示があるものは買っていますが、どこまで信用できるか心配です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑