【AI(人工知能)時代へ】「13年後に雇用240万人減」「素人がAIで製造した半導体が熟練技術者より優れた品質」

公開日: : 仕事・労働

yukawa160513-thumb-720xauto

AIが職場を奪う 雇用240万人減、GDP50兆円増 平成42年試算
人工知能(AI)技術が社会に普及すると、日本の国内総生産(GDP)が平成42年に50兆円増える一方で、雇用者数は240万人減るとの試算を三菱総合研究所がまとめた。人間に代わって機械が工場での作業や一般事務をこなすようになるのが原因。

雇用は、新たに500万人の仕事が創出される一方で740万人の仕事がなくなり、差し引き240万人の減少となる。

 目立って増えるのは、AIやロボット関連の専門職や技術職で、270万人の増加が見込まれる。一方、工場など生産現場で働く人は150万人減り、販売に携わる人は65万人減少するとした。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

半導体の素人がAIで製造した半導体が、熟練技術者より「優れた品質」という時代へ

「向こう10年は人間に勝つのは無理」といわれていた囲碁で、グーグルの「アルファ碁」が世界一の囲碁棋士に勝利した。何度もいうが、この本質は、「この碁のプログラムの開発者チームには、碁がプロ級に強い人はいないという事実である」ということだった。

 これを半導体の世界に当てはめてみると、次のようなことになる。

 半導体材料の専門知識のない者が、AIを使って半導体材料を開発することができるようになる、ということである。半導体製造装置の専門知識のない者が、 AIを使って半導体製造装置を開発できるようになる、ということである。半導体プロセスの専門知識のない者が、 AIを使って半導体プロセスを開発できるようになる、ということである。さらに、トランジスタの動作原理しか知らない者が、 AIを使って半導体製造の工程フローを構築できるようになる、ということである。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

インターネットの次に来る時代の大変革(ライフスタイルの激変)はAIによってもたらされるんでしょうかね。だとしたら早いうちから慣れ親しんでおきたいものです。

「向こう10年は人間に勝つのは無理」といわれていた囲碁

しかも予想より早く、大きな影響をもたらしそうな気がしてなりません。「足りない労働力を補う」なんて使われ方にはならないんでしょうねぇ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. なな より:

    AIで、私が恐れたのは、映画「ターミネーター」みたいなこと。
    地球に害を及ぼす害獣として、AIが判断して人間の駆除を始める可能性がなきしも・・・。
    現代文明の中で、コンピューター制御されていないインフラはないでしょう。
    映画みたいにロボットとドンパチやらなくても、インフラを操作されたら、ほとんどの人が、飢えるか乾くか。または、飢えと渇きと死の恐怖に暴走を始めて人間同士ドンパチを始めそう。
    有名なグローバリストたちが、地球の人口が多すぎる!!って、云っているらしい。
    小泉さんち息子さんも、そういう会話を受けて、人口半分て良いって、云っているのかも?
    これが私の妄想で有ってくれたら、嬉しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑