”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ

【悲惨】小中教諭の8割近くが週60時間超勤務!専門家「『子どものために』という先生たちの善意が長時間労働をもたらし」

投稿日:

uui

小中教諭の7割、週60時間超勤務 医師や製造業上回る
週に60時間以上働く小中学校の先生の割合が70~80%に上ることが、全国の公立小中学校の教諭約4500人を対象にした連合のシンクタンク「連合総研」の調査でわかった。医師や建設業、製造業など他業種より格段に高い割合だ。特に運動部の顧問の先生は出勤が早く、午前7時前に出勤する人が15%いた。文部科学省も学校現場の負担減へ対策に乗り出している。

小学校教諭で週60時間以上働いている割合は73%、中学校は87%。小中とも50時間未満の教諭はいなかった。単純には比較できないが、11年に労働政策研究・研修機構が調べた医師の40%を大きく上回ったほか、連合総研が16年に調査した建設業の13・7%、製造業の9・2%、運輸・情報通信業の9・0%を大きく上回っている。

特に中学の運動部顧問の場合、午前7時以前に出勤する教諭が15%、午後9時以降に退勤する人は22%に上った。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

【働き方改革】教員の業務負担軽減のため、国が「業務改善アドバイザー」を派遣⇒民の声「意見を”聞きたい”わけじゃなく”聞いて欲しい”」

最も負担に感じている仕事「国や教育委員会からのアンケート」が2位!

専門家「『子どものために』という先生たちの善意が長時間労働をもたらし」

医師も教師も「もっと自分の方が働いている」とムカついてますね。ムカつく相手は間違えないようにしましょう。

これだけ自分の時間がなくては先生の質も下がってしまいますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-仕事・労働
-

Copyright© 健康になるためのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.