【社畜大国】「起業に無関心」日本72%、米国23%、ドイツ31%、英国36%

公開日: : 仕事・労働 ,

スナップショット 45 (2017-02-20 0-04)

「起業に無関心」7割 中小企業白書、欧米より意欲低く

経済産業省は17日、起業を主要テーマにした2017年版の中小企業白書と小規模企業白書の骨子を自民党に示した。起業に無関心な層が7割にのぼり、欧米より起業家精神が低い実態を指摘した。経産省は金融支援の充実などを進める方針だ。

 男女合わせて2千人を対象にした調査で「起業に無関心」との回答が72%となった。米国は23%、ドイツは31%、英国は36%

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「同調圧力」「ゆとり」「サラリーマン優遇制度」「金かけなきゃ起業できないという古いイメージ」などいろんな理由がありますし、別に起業した方がいいとも思いません(失敗する方が圧倒的に多いですし)。

しかし、会社に追い出されて(辞めざるを得なくなって)次の仕事が見つからないという可能性は、今の日本では大きくなる一方ですから、やはり一人でもお金を稼げる力を身につけることは絶対必要だと思います(勉強すると今やってる仕事にも役立つし)。

そんな状況でこの数字はやはり気になります。状況が分かってないんでしょうかねぇ。起業なんて「夢にも思わない」みたいな人が多過ぎるんですよねぇ。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    独立しようにも、家賃高いし。
    バブルの頃から個人経営、家族経営の商店なんかゴッソリ減ったよね。
    昔は、「独立は低学歴層のサルベージ」みたいなことを言われていた(こういう表現ではない。こういう意味のこと。忘れちゃったので w )。
    町工場のオヤジさん、下町の商店店主なんかには中卒の金の卵として上京、頑張って働いて独立を成し遂げた人が結構いる。
    その人たちはまだ地価・家賃が安い時に店を持った人々。
    人口減少、地代低下で再び独立の波は来るのだろうか?
    景気も悪いし、きびしいよね・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑