【おもろー】ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが販売開始の可能性「清潔すぎる環境がヒトの免疫システムのバランスに影響を及ぼしている」

公開日: : 健康

欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的に販売開始か?
<寄生虫に感染するとアレルギー疾患が改善する、とも言われていたが、ブタやイノシシの寄生虫の一種であるブタ鞭虫(べんちゅう)の卵が、ドイツで栄養補助食品として販売される可能性がある>

鞭虫とは、ブタやイヌ、ヒツジ、ヒトなどの盲腸に寄生する線虫網の袋形動物で、多数寄生すると下痢や腹痛、貧血などを引き起こす。現在、世界全体でおよそ10億人が鞭虫に感染しているとみられているが、環境衛生が良好な先進国では、その感染率は極めて低い。

その一方で、「清潔すぎる環境がヒトの免疫システムのバランスに影響を及ぼしているのではないか」という説も唱えられている。発展途上国ではあまりみられないクローン病や多発性硬化症などの自己免疫疾患、アレルギー、喘息などが、先進国で急増しているためだ。

寄生による健康被害を抑えながら、寄生虫がヒトにもたらす効果を活用しようと、タイのTanawisa社では、ブタ鞭虫の栄養補助食品「TSO」が開発されている。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

発展途上国ではあまりみられないクローン病や多発性硬化症などの自己免疫疾患、アレルギー、喘息などが、先進国で急増しているためだ。

アレルギー(花粉症・喘息・アトピーなど)も免疫異常が原因です。安倍総理の潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患です。

「清潔すぎる環境が」免疫異常に大きく影響してるかどうかはわかりませんが、とにかく発展途上国、戦前の日本、などでは「免疫異常者」が少なかったわけですから、そういった生活から学ぶ、真似することは理にかなっているはずです。ここに気がつくか、気がつかないかでずいぶん生活の質が変わります。

僕が最近、自分の免疫を強化しようと思ってやってるのは、うがい・手洗いをやめる、適当にすることです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    ヒトの免疫システムも花粉症に関わってくるので、この薬が花粉症の症状軽減につながれば嬉しいです。

  2. 匿名 より:

    この寄生虫のアレルギーあったら嫌だな。アマゾンのジャングルを裸足で歩くと良いらしい。

  3. 匿名 より:

    ずいぶん前から言われてる事ですよね。
    たしか寄生虫を研究する先生が、お腹の中にサナダムシを飼ってるとか飼ってないとか…うる覚え。(笑)

  4. 匿名 より:

    清潔だからじゃなくて、清潔にするための科学物質が問題だっての!
    そこは問題にしないよねえ・・
    モンサントとかそういう化学物質を扱う会社にとってはマズいからかw

    子供の頃から外で泥だらけで遊び、川でヒルに血を吸われ、野イチゴを採ってそのまま口にしてたような自分でも昔から埃アレルギー・科学物質過敏症etcなんだけど・・

    • 匿名 より:

      4の補足
      カンボジアだったか、船上(イカダ)で生活する部族が居て、現在でも衛生的とはとてもいい難い生活をしてるのに、ここ急速に子供にアレルギー・アトピー症状が出てきた。何故か?

      彼らが生活する湖周辺が開発され、化学物質まみれの汚染排水が流れ込むようになったから

      原因は「科学部質」
      寄生虫だの、新たな「ビジネス」に惑わされたらいかんよ

    • 匿名 より:

      モンサント…元経団連会長の米倉さんのお友達ですね。

  5. 匿名 より:

    ミドリムシ(ユーグレナ)じゃあかんの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑