【マジ?】伊中医療チーム「世界で初めてヒト頭部移植に成功」プロジェクト名は「天国」

世界で初めてヒト頭部移植に「成功」 中国で手術=伊中医療チーム

イタリア人医師セルジオ・カナヴェッロ氏は19日、ウィーンで開いた記者会見で、中国の医療チームとともに、脳死の身体提供者2人で試みる世界初の「ヒト頭部移植」に「成功した」と発表した。

「約18時間もの手術で、私とチームは死体の頭部を別の死体の脊椎・血管・神経とつなげることに成功した」とカナヴェッロ医師は会見で述べた。また頭部移植の成功について「医学だけでなく人間の生活においても変革が訪れている」と自負した。

医療チームは、この頭部移植の名を「天国(HEAVEN: The head anastomosis venture Project、頭部吻合の挑戦的プロジェクト)」と名づけている。

 頭部移植については生命倫理の観点から物議をかもしている。米国逃亡中の中国人富豪・郭文貴氏は9月、中国共産党高官が長生きする秘訣は継続的な臓器移植だと指摘した。郭氏によると、中国共産党高官たちは賄賂や不正取引ですでに巨万の富を得ており、次の目標は不老長寿で、これを実現するために適宜に臓器移植を行い、血液も交換する、と動画のなかで明かした。

スポンサーリンク


以下ネットの反応。

「約18時間もの手術で、私とチームは死体の頭部を別の死体の脊椎・血管・神経とつなげることに成功した」

この話は「頭部移植手術を行なう」ことに成功したということなんでしょうね。

倫理的に大問題があるのは当然ですが、身体を変えても意識や記憶は残るのでしょうか?

怖ろしい世の中になってきました。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    不老長寿の飽くなき追求は中国人の民族性なのだろうかと考えてしまう。

  2. 匿名 より:

    なんだこりゃ?
    イタリア人医師は「成功」と言い、
    中国人医師は「成功には程遠い」と言ってる。

    >伊中医療チームは手術成功の条件として、ドナーは手術24時間以内に生存しているものと定めている

    つまり、移植はしたけど「生存」とは言えなかったって事かな。
    となると、イタリア医師はハシャギすぎだね。
    マッドサイエンティストみたい。

    何にしても、グロテスクな話だ。
    そんな事までして生きたいのか?
    その先の人生、ずっと他人のボディーを見つめながら生きてくわけだよねぇ…
    他人の指で歯ブラシを持ち、
    他人の足で歩き回り、
    他人の◯◯でセッ……(自主規制)

    おわぁぁぁあああ、キモチワルイ!

  3. 匿名 より:

    いやいや、不老不死は頭部入れ替えたくらいじゃ出来ないよ。
    人間の「脳」の限界は150~200歳くらいだから・・・
    まあ、細胞自体に寿命があるから仕方ないのだけれどもw
    それより、人間の脳を「データ」にする研究をしているよ。
    ・人間の短期記憶をコード化して記録するコンピューターアルゴリズムの開発に成功
    ・人間の脳は考えられていたよりも10倍(1ぺタバイト)記憶できることが判明 ..
    ・米国の研究チームが脳の中の動画映像を外部に取り出すことに成功 |
    など等・・・
    こんな感じに人間の脳は、データとして残して、体をクローンやロボットにするような感じの研究しているよ。
    つい最近でも、人間みたいにバク転するロボットが披露されてます。

    日本 人間に準じた運動能力を持つロボット開発
    https://www.youtube.com/watch?v=fmk9jUa1-kI

    ・・・アニメ攻殻機動隊の世界がリアルにやってきますねw

  4. 匿名 より:

    頭部、頸髄の複雑な解剖を知っている人なら、そんなおおざっぱなこと(膨大な神経一本ずつ つなぐ)は、魔法に近いとわかるんじゃないかしら。

    だいたいから、心臓を動かす中枢は脳幹部(脳のほう)であり、接続途中で神経の連絡は途絶えるし、人工心肺を回しながらでも 首から下はきちんと生きているのか、疑問。
    首から下は 脳死だった人を使わなくてはならないし。。。。

    また、移植で乗り越えなくてはいけないのは”拒絶反応”。
    神経の拒絶反応は 無いのかしら?

    頭皮や顔面の皮膚や頭頸部の臓器があるし、拒絶反応は 必ずあります。 医学的にも疑問だらけ。成功したら、キチンと教えてほしいです。

  5. 匿名 より:

    資本の論理においては、金にさえなれば、何でもしちゃいます。
    臓器移植手術の一般化が、諸々の臓器の移植への心理的抵抗を失くしてしまったのでしょう。
    医師だけでなく、一般の国民にも移植や体外受精など、自然界では起きないであろう事柄が、進歩・発展という言葉でもてはやされる。
    欲望には、歯止めが必要なんだろう。
    宗教も社会制度も、欲望コントロールの一つの手段なんだろう。
    止めるべきである、人間は、自ら生きて活動してこそ人間である、頭脳だけが生身のロボットやDNAそのものを生命と呼ぶべきではない。

    • 匿名 より:

      >頭脳だけが生身のロボットやDNAそのものを生命と呼ぶべきではない。

      そんなもんじゃないよ。
      現在は、バーチャル空間(VR)での「電子生命体」の時代ですよ。

      最近では、会計業務や官僚答弁やニュース記事やライン作業などなどは、AI管理に移行しつつあります。
      だから、世界はAIと共存、進化をするために「ベーシックインカム」の導入を検討しているのですけど・・・

      ベーシックインカム(basic income)
      最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策。
      (基礎所得保障、基本所得保障、最低生活保障、国民配当)

      いくら認めないと言っても、世界中がその方向に舵をきっているのだから、日本だけ、その技術や法体系に後れを取ることになると・・・侵略されますよね。
      まあ、実際、日本はAI、IT分野で、かなり世界に遅れを取っているのだけれども・・・
      これも、核問題と同じで、あるものをどうするか?を考える。みたいな・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑