【超必見&涙】8/19国会質疑動画(午前)山本太郎議員「いつ植民地をやめるんだ?今でしょ!」「米国の米国による米国のための戦争法案だ!」

公開日: : 最終更新日:2015/08/27 拡散ニュース, 政治経済 , ,

ro

安保法制国会ハイライト】山本太郎議員が日本政府の「属国タブー」を追及!原発再稼働、TPP、秘密保護法、集団的自衛権…安倍政権の政策は「第3次アーミテージレポート」の「完全コピーだ」

「米軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも真摯に全力で取り組むって、これ、独立国家と呼べますか?」——。

 お盆休み明けで再開した参議院審議。山本太郎議員は2015年8月19日、午前の質疑で、安倍政権が米国の「指示書」通りに政策を進めていることを批判。2012年夏に発表された「第3次アーミテージレポート」を突きつけ、政治家もメディアも触れようとしないこの国の「属国タブー」を追及した。

 「第3次アーミテージレポート」では日本に対し、原発再稼働、TPP推進、秘密保護法、武器輸出三原則の撤廃、そして集団的自衛権の行使容認が「提言」されている。山本議員は、安保法制も、そのベースとなっている日米新ガイドラインの合意も、この報告書(第3次アーミテージレポート)の実現のために進められているのではないか、と質問した。

 岸田外務大臣は、この報告書は「あくまで民間の報告書」であり、安保法制も新ガイドラインも「報告書を念頭に作成したものではなく、あくまでも我が国の国民の命や暮らしを守るためにどうあるべきなのかという自主的な取り組みだ」と否定した。

 さらに中谷大臣も、「安保法制はあくまでも我が国の主体的な取り組み」であり、「報告書を念頭に作成したものではない」と否定。「結果として重なっている部分もある」などと答弁した。

 これに対し山本議員は、この「民間のシンクタンク」(CSIS)が頻繁に日本にと訪れ総理と会い、総理もCSISで演説する(※)など極めて「懇意」な関係にあることを紹介。「結果重なってしまっている部分があると言うのですが、ほとんど重なっている。そっくりそのまま、『完全コピー』ですよ」と指摘した。

 「米軍の要請、ニーズには憲法を踏みにじってでも、国民の生活を破壊してでも真摯に全力で取り組むって、これ、どういうことなんですか? これ独立国家って呼べますか?」「いつまで、没落間近の大国のコバンザメを続ける気ですか」などと、舌鋒鋭く追及した。

山本太郎8/19 「いつ植民地をやめるんだ今でしょ 戦争法案 廃案以外ありえない」

【アメリカからの安倍政権への指令書】「第3次アーミテージレポート」とは:「集団的自衛権の行使容認」、「原発の推進」、「TPP交渉参加推進」など
image3_300

スポンサーリンク


以下ネットの反応。


スポンサーリンク


「米国の米国による米国のための戦争法案」「日本の政策はアーミテージレポートの完コピ」「何から何まで全てアメリカのリクエスト通り」「これ独立国家って呼べますか? 完全コントロールされてんじゃないかよ。誰の国なんだこの国は!」「これだけ宗主国様に尽くし続けているにも関わらず、その一方でアメリカは同盟国であるはずの日本政府の各部署、大企業などを盗聴」

今日の山本太郎議員の質問は、本当に日本のタブーのど真ん中に斬り込む質問だったと思います。

「日本の国会議員は自分では何も考えず、アメリカのジャパンハンドラーの言うがままに動き、ジャパンハンドラーたちだけが得をするような政策を作っている(そして自分たちはおこぼれをもらう)」

安倍政権(自民党・公明党や多くの野党も含む)もこれだけは、絶対にばらされたくないタブーです。

できるなら、テレビ中継がある日にやって欲しかった(この国会を放送しないで高校野球なんか放送してる、公共放送もどきが最悪なんですが、今頃国民に囲まれているはずです)。

【拡散】2015/8/19(水)「第2回NHK大包囲」開催決定!8月1日の第1回は300人が参加!

この動画を見て、山本太郎議員が言っている「アーミテージレポート(しかも第3次)」を見たりしていけば、絶対に今回の戦争法案が国防とは関係ないものということがわかります。

しかも、このレポートでは「TPPの参加」「原発の推進」なども書かれており、日本の政策はただただそれを実行しているだけということがよくわかります。

本当に全国民が見るべき質問です。山本一太が後方から凄まじい視線を送り、髭の隊長が横で頭を抱えているのが印象的でした。

【いいね!】長崎平和祈念式典の献花・献水で山本太郎参議院議員の名前が呼ばれると会場から大きな拍手が

TVでは一切報じられませんが、8月9日に行われた長崎平和祈念式典では、上記のような出来事がありました。

山本太郎議員が先陣を切って開けてくれた風穴を僕たちは広げていかなければなりません。せめて国民の1%・100万人がこの動画を見てくれれば日本は変わっていく気がします。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑