”本当に”健康になるための情報をお届けします!

健康になるためのブログ🐾

【福島県選挙区】自民党”岩城光英”議員は2016年参院選改選組です。第3次安倍内閣の法務大臣であり安保法に”賛成”した議員さんです。

投稿日:

2015年9月19日未明に安保法が参議院で与党の賛成多数で可決されました。

そして、2016年7月に行われる参議院選挙では安保法に賛成した議員であるか、反対した議員であるかが争点になると言われています。

確かに安保法は国の根幹を大きく変える法であり、国民の大半が今国会で決めるべきではないとした中強引に採決されたものなので、充分に参議院選挙の争点に値するものでしょう。

ただ、そうは言っても与党議員の人たちも「安保法に賛成した議員」という顔以外にも、別の顔があることも事実です。そして、多くの人がそれを知らずして今後の様々な落選運動をしていくのはどうなのかなと思いました(イマイチ相手がハッキリしないんじゃね?と)。

そういった考えから、議員さんの事をもっと知りたいと思いましたので、各議員さんを個別にご紹介していきたいと思います。

与党の議員の方々は、「我々国民の安全につながる」という信念の下、例え選挙で不利になり落選するようなことがあっても国民のためなら本望という考えの下、”個人”として安保法に賛成してくれた方ばかりです。

我々もしっかりと”一人一人”がどういった人か認識し、己の目にしかと焼き付けましょう。

スポンサーリンク

【福島県選挙区】自民党”岩城光英”議員は2016年参院選改選組です。第3次安倍内閣の法務大臣であり安保法に”賛成”した議員さんです。

sa

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%9F%8E%E5%85%89%E8%8B%B1

不祥事
政治資金収支報告書記載の訂正

2005年、岩城が代表を務める自民党支部及び岩城の資金管理団体が、50万円分のパーティー券を購入していたコンサルティング会社から依頼され、受領した50万円を「パーティー券収入」ではなく「寄付」に訂正して政治資金収支報告書に記載していた[5]。岩城自身は2007年9月1日に首相官邸で記者会見し、虚偽記載については否定した[6]。
選挙運動費の二重計上

2004年6月30日、福島県内で開いた演説会の会場費6万3千円を岩城の選挙運動費用収支報告書、岩城を支援する政治団体「いわき光英を励ます会」の政治資金収支報告書の双方に計上し、「いわき光英を励ます会」の政治資金収支報告書には領収書のコピーを添付していた[7]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%81%B8%E6%8C%99%E5%8C%BA
福島県選挙区

福島県選挙区(ふくしまけんせんきょく)は日本の参議院議員通常選挙における選挙区である。定数2(改選数1)。2012年11月26日に「公職選挙法の一部を改正する法律」が公布(同日施行)され、定数が「4(改選2)」から「2(改選1)」に見直された。

saaa

スポンサーリンク

http://www.news-postseven.com/archives/20150927_352999.html

「2013年に解禁されたネット選挙では、個人がメールで特定候補への投票を頼む行為は原則禁止されている。しかし、特定候補を落選させようというメールを送るのは選挙活動にはならないからOKです。

 ホームページやSNSでも落選運動はできる。ただし、選挙期間中に落選運動をする人は匿名ではなく氏名とメルアドを明記しなければならないから、Twitterなどでは実名をハンドルネームにしておく必要があります。

 また、選挙権のない18歳未満は公選法で選挙運動を禁じられていますが、落選運動であれば行なうことが可能です」(湯浅教授)

#賛成議員は落選させよう

【落選運動したくてふるえる人必見!】「落選運動は今すぐ名指しでできる」と弁護士が太鼓判!法的支援をしてくれる弁護士も!

【落選運動は合法】「戦争法案反対デモ」⇒「自民公明落選デモ」へ:これから始まる「自公落選デモ」の破壊力by日刊ゲンダイ

現役大臣が改選組だとワクワクが止まりませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で健康になるためのブログをフォローしよう!

いつもシェア・拡散お疲れ様です<(_ _)>

-政治経済
-

Copyright© 健康になるためのブログ🐾 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.