【トランプ大統領でよかったこと】兵頭さん「1、ヒラリーではない2、第三次世界大戦を遠ざけた3、TPP解体」

公開日: : 海外

d9f061f7


スポンサーリンク


以下ネットの反応。

今まではロシアを悪者に仕立て上げることが米国の戦略の基礎だったんですから、もしプーチン(ロシア)との関係が良好になれば、これは凄いことですよね。世界大戦も遠のくでしょう。

そして、やはりトランプの「差別」は多くの人が反対しやすいですよね。さっそく反対運動が全米規模で行われてますもんね。これはいいことです。

ヒラリーが大統領だったら「女性大統領!」「わっしょ~い」のお祭りで終始してた可能性もあります(マスコミ誘導で)。「チェンジ」マンの初期みたいに。

で、ヒラリーを市民側に引っ張るのは相当難しいでしょうし、結局は大した反対も起きずに「格差」拡大⇒さらなる「差別」路線を粛々と進んでいたような気がします。

ネトウヨはトランプを差別野郎だから支持してるみたいですが(選挙後になって急に)、僕はヒラリーじゃなくて良かったという気持ちがとても強いです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメント大歓迎です。一言からお気軽に。
  1. 匿名 より:

    既存勢力の敗北
    これに尽きる
    この結果は仕組まれていなければ大いに喜ばしい
    後から妥協させられることなく、頑張ってもらいたい
    ※差別推奨ではありません

  2. 匿名 より:

    差別的な部分は評価しないが、既存の政治にノーを言うために仕方なくトランプに入れた

    そのまんまナチスを支持したバカなドイツ人の言い訳ですねww
    あの当時のドイツ人も戦後になって必死で言い訳してましたよ。
    「経済政策に期待しただけだ。ユダヤ人が虐殺されるなんて思わなかった」って
    こんな人が善人面して土人発言や在特会を批判してたとはね
    マイノリティへの差別感情を扇動して権力を握るという、そんな最低最悪な手段を使う奴よりも邪悪な人間なんていませんよ
    ネオコン以下のゲスですね。
    数年後、トランプがどんな結果をもたらしたか見届けたら、またこの記事を見に来ますね。

    • 匿名 より:

      見に来なくてもいいよ
      お前が恥かくだけだから

    • 匿名 より:

      色々残念だね
      1.ソ連と敵対したナチスは表面的には極左っぽい印象を与えたが、実際は極右のナショナリズムで他民族や障害者などのマイノリティー、反対する主義者を虐殺した
      親露派で非戦闘的なトランプ氏というかアメリカがそうなる可能性は低いし、類似性があまり無い
      2.誰も善人面してませんよ
      エスパーですか笑
      3.土人発言を擁護する方がまともでは無いですよ
      4.マイノリティー擁護のふりしてたのはオバマ氏ヒラリー氏ですね
      シリア移民を流入させて差別感情を誘発させ、テロを頻発させたネオコンが最低なのは確かですね
      良かったですね、彼らが選挙で負けて
      5.ってかネオコン(=ネトウヨ)以下って他にいませんよ笑

    • 匿名 より:

      >そのまんまナチスを支持したバカなドイツ人の言い訳ですねww
      >あの当時のドイツ人も戦後になって必死で言い訳してましたよ。
      >「経済政策に期待しただけだ。ユダヤ人が虐殺されるなんて思わなかった」って
      >こんな人が善人面して土人発言や在特会を批判してたとはね

      ネトウヨ(笑)は、基本スペック、アホなんで余り無理してコメントしない方が良いぞ(笑)
      しかし、ネトウヨ(笑)随分と長生きしてるな?
      ↓これ、見てきたの?
      >あの当時のドイツ人も戦後になって必死で言い訳してましたよ。
      もしかして、脳みそ使わないで仮死状態になってるのか? それ延命術?
      ・・・常軌を逸してるな・・・さすがネトウヨ(笑)
      相変わらずのスベリ知らず、ウケましたよ、愛国芸人万歳だな(笑)

      >あの当時のドイツ人も戦後になって必死で言い訳してましたよ。
      あと、↑これなんだが・・・・
      ドイツは戦後反省して、何が悪かったのか教育してるが、日本はしてない。
      日本では、ナチス、ヒトラーと言ってるが、ドイツでは違う。
      ヒトラーを操ってた人の方が嫌われてる。
       マルティン・ボルマン、 ヨーゼフ・ゲッベルス、

      マルティン・ボルマン、1900年6月17日 – 1945年5月2日)は、ドイツの政治家。
      国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)総統アドルフ・ヒトラーの側近・個人秘書を長らく務め、その取り次ぎ役として権力を握った。
      ナチ党入党>救済基金責任者>ヒトラーの側近>党務は事実上ボルマンにより掌握される
      1941年以降の反ユダヤ主義の命令にはほとんど例外なくボルマンの副署があり、反ユダヤ主義にも重大な責任を負う。
      ユダヤ人を東部に移送する命令や親衛隊の下にユダヤ人の管理を強化する命令、ユダヤ人虐殺を隠ぺいするための命令にサインしている

      ヨーゼフ・ゲッベルス、
      1897年10月29日 – 1945年5月1日)は、ドイツの政治家。
      国家社会主義ドイツ労働者党第3代宣伝全国指導者、初代国民啓蒙・宣伝大臣。
      「プロパガンダの天才」「小さなドクトル」と称され、アドルフ・ヒトラーの政権掌握とナチス党政権下のドイツの体制維持に辣腕を発揮した。

      宗教はローマ・カトリック、ゲッベルスの両親も敬虔なカトリックであった。
      ヨーゼフの発育は著しく遅れ、左右で足の長さが異なり、歩行がやや不自由な身体障害者となった。ゲッベルスは生涯にわたって整形医療具に萎えた足を包み、それを後ろに引きずるように歩くことを余儀なくされた
      大学在学中のゲッベルスにはまだ反ユダヤ主義的傾向は少なく、ハイデルベルク大学で教えを受けたフリードリヒ・グンドルフ(ドイツ語版)教授も、博士論文の執筆指導教員マックス・フォン・ヴァルトベルク(ドイツ語版)男爵もユダヤ人だった。
      また、ナチ党で地位を得るまでは半ユダヤ人のエルゼ・ヤンケ (Else Janke) という女性と恋愛関係にあり、友人宛の手紙では「もしユダヤ人を殺したり、追放することが政治的に正しくても、それは人間の道理にかなっていない」と反ユダヤ主義を批判していた。

      このころのドイツの時代背景は、一部のユダヤ人がドイツの利益を独占してる。
      特権階級、今の日本や韓国やアメリカとよく似た背景だ。
      一般のユダヤ人は、ドイツ国民と同じく貧乏していた。

      知識人のプライドと失業と反ユダヤ主義>政治活動開始>国家社会主義ドイツ労働者党>ヒトラーとの出会い・・・・・結果・・・・↓これ。
      ゲッベルスの日記に
      「僕は一度ミュンヘンへ行かねばならない。一度二時間だけでもヒトラーと二人きりで話せれば、すべて氷解するはずだろうに。」と書いている。
      そして実際に1925年11月4日にミュンヘンを訪れ、党首アドルフ・ヒトラーと初めての会見を行った。
      ゲッベルスは初対面でヒトラーに魅了され、11月6日のゲッベルスの日記にはこう書いている
      で、↓これだ(笑)
      ヨーゼフ・ゲッベルス 総力戦演説 ハイライト
      https://www.youtube.com/watch?v=0cn2ZjIjohY
      結果、ドイツ国民は、貧困の不満を同じ貧困に苦しむユダヤ人に向かい・・・
      ユダヤ人の強制収容所、ユダヤ人虐殺、そして隠ぺいするための命令
      また、ヨーゼフ・ゲッベルスも半分はユダヤ人だった。
      ドイツ国民は、授業で↑これらを習うらしい、日本はカミカゼねつ造教育だが(笑)

      ・・・・アベチョンと同じで、ヒトラーも操りやすかったらしい(笑)
      アベチョンを操ってる一人、側近、今井尚哉。
      韓国大統領パクを操ってる、チェスンシル(崔順実)

      今井尚哉の叔父の今井善衛と安倍の祖父の岸信介とが商工官僚同士だった縁から両者が接近したと述べている。
      今井善衛、元通商産業事務次官。経団連会長であった今井敬は弟にあたる。
       ↑今井の家系、こいつらは三井財閥で、アベチョンは三菱財閥。
      これら、両財閥は、天皇財閥の傘下です。
      しかし、よく似てるな、今の日本に(笑)
      愛国保守さまとネトウヨ(笑)が、韓国人、朝鮮人、シナ人、土人と煽っている。
      でも、底辺同士の生活はどれも貧困に苦しんでいる。
      これ、ただの財閥富裕層に目を向けない為の煙幕をしてるだけなんだが(笑)

      今日もご苦労さん、愛国戦士、ネトウヨン・・・戦士?戦死?どっち?

      • 名無しのK-poopファン より:

        いっつもすんごい長文ご苦労様と言いたいがお前の駄文全部読んでんのホモっちさんくらいだろ
        スクロールすんのダルいからもっと短く纏めろよ

        • 匿名 より:

          ごめん。
          目当ての人じゃないけど読んじゃった。
          というか、前から聞きたかったんだけど、

          いくらもらってるの?
          お給料はちゃんと払ってもらえてる?
          給料じゃないなら見返りは何?
          それとも無料奉仕?
          趣味?
          なんでそんなに嫌ってるのに中韓ばかり見つめるの?
          思想の違う所で書き込んで罵倒されるのって余計に心がささくれたりしない? もしかしてそういう嗜好の人?

          ぜひ聞かせてください!!

          • 名無しのK-poopファン より:

            あのね、もし仮に俺がネット工作()の仕事してたらこんな場末の糖質の吹き溜まりブログなんて来ないよ?
            サヨさん自意識過剰&自己評価高過ぎ

  3. 匿名 より:

    ウーッシッシ、もぐろふくぞうならぬ巨泉を思い出した!態度デカく実業家でもある。となるとドナルド任期途中で黒すぎる政?界から引退するかも笑ね。

  4. 匿名 より:

    ブーメランがぶっ刺さっているのに気づかずに自己紹介駄文を書き連ね、密かに応援していた軍産ヒラリー氏が落選した事実から目を逸らそうと必死なネトウヨが…いるわけないか、恥ずかしすぎるもんな

  5. 芋っち より:

    トランプ当選でよかったこと・・・ヒラリーが大統領にならなかったこと。
    って、当たり前だろ!
    ギャグかよ?
    で、評論家の斎藤美奈子氏がコラムに書いたこと。

    トランプ現象を説明するのにもっとも相応しい単語は、
    「ポナパルティズム」
    であろう。
    普選による初代大統領、ルイ・ナポレオンは、ナポレオン一世の甥であるという売りだけで、メディアを利用して既成政党を批判し、大衆の熱狂的支持を受けてクーデターを起こして反対派を追放、国民投票で皇帝となる。
    大衆の不満を扇動に利用した「プチ(エセ)ポナパルティズム」なら、日本でだって幾度も起きている。ーー小泉劇場、大阪ダブル選挙の橋下、都知事4回の暴言王などなど。
    恐怖政治を予言するのもいいけど、巨悪はもっと狡猾だ。トランプ氏は目くらましかも。
    せめて、『トランプ自伝』(ちくま文庫)ぐらい読もうよ。

    ということで、誰かこの本を読んで、感想寄せて下さい。

    • 名無しのK-poopファン より:

      >ナポレオン一世の甥であるという売りだけで、メディアを利用して既成政党を批判し、大衆の熱狂的支持を受けてクーデターを起こして反対派を追放、国民投票で皇帝となる

      「俳優だから」「元有名ジャーナリストだから」
      なーんてしょうもない理由でボケ老人と不倫おじさん選挙に出して爆死した野党があったなーw
      どこだっけ?w

      • 芋っち より:

        おお、バカウヨが珍しく三行以上で反論!
        しかし、それだけ?
        自民のほうが遥かに多いんだが・・・
        もっと例を出してみろよ。

        • 名無しのK-poopファン より:

          いやいやw近年のどんな選挙爆死劇を束にしたって先の東京都知事選ほど笑えるものはないよw
          負けた逆怨みでバカサヨが未だに小池知事にしつこく粘着してるのも草の生えどころw

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お問い合わせはこちら
    掲載できるかどうかはわかりませんし、返信・お礼などもできないかも知れませんが、情報提供もお待ちしております。
PAGE TOP ↑